作図ツール のカテゴリー

[鉄骨ALC造]ALCパネル割付をモデルと図面へ連動させる方法

0

ALCパネルの割付を考える時、モデルと図面の両方に連動して表現出来れば作業が
非常に効率化されるのではないでしょうか。
実務での考え方に沿った目地の検討が可能になります。

今回はALC縦壁ロッキング工法の外壁モデルを例に、各図面への表現方法をお教えします。
ビルディングマテリアルの交差の優先度を利用することがポイントです。

 

①ALCの外壁を壁ツールで入力します。各フロアで分割せず1枚の壁として入力します。1FLでの入力時に壁上部を「最高高さ」とリンクさせ、平面図と断面図パネルの平面図表示の表示フロアを「関連フロア全て」に変更します。

壁のビルディングマテリアルは「BM-10 ALCパネル」(交差の優先度740)とします。

[構造と表現]では「*ALC(600)目地無し」を選択します。

これは平面図と断面図でALCの切断面の表記が@600になるように作成しています。設定は下図を参考にして下さい。(コンクリート-軽量2を複製して作成しています)

②目地(空洞部分)を様々な目地幅に対応出来るよう、断面形状で作成します。
ビルディングマテリアルはBM-66一般(交差の優先度999)を使います。
ALCパネルより交差の優先度を高くしておきます。モデルと立面図の表示では入力した目地を非表示にしますので隙間が発生します。隙間を埋めるためにシール部材を別に断面形状で作成します。作り方は下図を参考にして下さい。

断面形状の登録は下記の4種類になります。
それぞれの使用項目を 縦部材は「柱」、横部材は「梁」で登録します。

③1FLを表示し、柱ツールで縦方向の目地を入力します。
登録した断面形状「*ALC目地(縦)」の幅を0.1㎜の設定にし、ALCパネルの割付をします。伸縮目地は幅20㎜の設定で入力します。レイヤは「*目地(縦)」とします。
伸縮目地は同じ位置に「*ALC目地(縦)シール」も入力します。レイヤは「*目地(縦)シール」とします。
(※目地とシールはレイヤを分けておきます)

④断面図で高さ方向のALCパネルの割付をし、梁ツールでモデルに横目地を入力します。
断面形状は「*ALC目地(横)」を選択し、レイヤは「*目地(横)」とします。
(※横目地はフロアごとに入力します)

同様に横目地のシールも入力します。
断面形状は「*ALC目地(横)シール」を選択し、レイヤは「*目地(横)シール」とします。

⑤モデルを確認します。
「*目地(横)」「*目地(縦)」レイヤを非表示にし、
「*目地(横)シール」「*目地(縦)シール」レイヤを表示にします。
非表示の目地部分は交差の優先度がALCパネルより高いため、ALCパネルは欠損した状態で表示されます。

⑥同じレイヤの状態で立面図を見ると、欠損した目地部が輪郭線となり、ALCパネルに目地のラインが表示されます。この方法なら窓と干渉する目地は非表示なので影響を及ぼさず、開口部ごとに目地をカットする必要がありません。

各図面のレイヤセットの表示は下図を参考にして下さい。
「*目地(横)シール」「*目地(縦)シール」レイヤの包絡グループは番号を変更し、シールだけで包絡が完結するようにします。

 


斜線鳥かご3Dの作成方法

0

計画初段階で斜線の鳥かごが3Dで確認できるとボリュームがつかみやすくなります。

敷地条件は以下のような内容、建物は2階建てを想定しています。

1.[デザイン]→[フロアの設定]でGLを±0に設定します。

2.[GL]フロアを表示し、 [メッシュツール]で敷地と道路を作成します。

※道路の材質を[材質上書き]で異なる材質に変更すると境界がわかりやすくなります。

3.[3Dタブ]右クリック→[3Dスタイル]→[OGベーシック]に切り替えて、輪郭線を表示します。

4.[モルフツール]で適合モデルを作成します。ビルディングマテリアルはガラス-青に設定します。図形作成方法はポリゴンに設定し入力します。※敷地内にカーソルを置いて、Spaceキーを押しながら左クリックするとマジックワンドで敷地がトレースできます。

5.3D上でモルフ面を選択し、[ペットパレット:プッシュプル]で座標[10000]と入力します。

6.道路斜線を[屋根ツール]で作成します。勾配は125%、ビルディングマテリアルはガラス-透明に設定します。図形作成方法は、単一、回転矩形で入力します。反対側の道路境界線で屋根の回転軸を設定し入力します(後退緩和を使用する場合は、後退位置を考慮して入力します)。

7.高度斜線を入力します。高度斜線は真北方向と敷地辺の方向が異なるため[屋根ツール]ではなく[モルフツール]を使って、GL±0と10mを結ぶモルフ線とモルフ面で表現します。

8.半径8333.3の円を敷地頂点に作成します。

9.方位記号の北、南、敷地頂点にスナップガイドを表示させます。

※カーソルを置いて0.5秒で表示されます。

10.[モルフツール]のビルディングマテリアルを[ガラス-透明]に設定します。敷地頂点から方位角度に平行なスナップガイドが表示されるので、スナップガイドと円の交点を[モルフツール]でモルフ線を入力します。

11.モルフ線を選択し、敷地頂点(モルフ線の中点位置)で、ペットパレット[移動]+Ctrlでその他の頂点にコピーします。

12.3Dを表示し、作成したモルフ線の水上側の節点で、ペットパレット[頂点を移動]で垂直角度上の距離:10000に移動します。

13.その他のモルフ線も同様に頂点を移動します。

14.3D上でモルフ線の頂点を結ぶようにモルフ面を作成します。

15.[デザイン]→[ソリッド編集]を開きます。適合モデルを選択し[ターゲット要素を取得]をクリックして選択を解除、道路斜線、北側斜線を選択し[オペレータ要素を取得]をクリックし選択を解除、[操作を選択:上方向へ減算]をクリックします。

16.道路斜線(屋根)、高度斜線(モルフ線及び面)のレイヤーを[オペレータ]に変更します。

※オペレータレイヤーはデフォルトのレイヤーセットではオフになります。

17.[GL]フロアで、[壁ツール]で壁を入力し、各フロアにコピーします。壁がモルフで隠れる場合は、モルフを選択し、右クリック→[表示順序]→[一番下に表示]に設定します。

18.[2FL]フロアを開き、[ドキュメント]→[平面図の切断面]を開きます。現状はFL+1100の位置で切断されています。切断高さを階高(3000)に変更すると、斜線制限より外壁が外側にあり、母屋下げが必要であることが確認出来ます。

更に、壁をソリッド編集のターゲットに設定すれば、斜線に沿った壁に編集することも出来ます。


壁終端を簡単に入力する方法

0

壁終端を作成する場合、壁終端ツールimage001で作成する方が多いと思います

 

例えば、間仕切り壁でPB12.5+LGS45+ PB12.5の壁終端をPB12.5のボードで巻きたい場合、壁終端ツールの「壁終端1」ではツールの仕様により下記の様に表示されます。

image004
線が出なかったり、いらない線が出たりするので、塗りつぶしで消したり線を追加するなどして、図面表現をされた方も多いのではないでしょうか?

そこで、もっと簡単に壁終端を入力する方法として柱ツールを利用して入力する方法をご紹介します。

柱を下記のようにボードの厚み×壁厚のサイズで作成します。

2018-08-02_10h33_14

そして、壁の端部に柱をくっつけると自動的にPBで巻いた表現になります。

壁と柱の高さを合わせる必要はありますが、図面表現もそれほど難しくなく表現できます。

(壁終端ツールと違って、壁長さをボードの厚み分短くする必要があります)

image009image012
ぜひ一度お試しください複数の仕上げで巻く場合も複合構造の材質と同じ材質の断面形状の柱を作成すれば問題なく包絡してくれます。

 


ゾーンを更新する方法

0

001

 

◆ARCHICADでは自由なワークフローが可能ですが、プロジェクトの初期フェーズではゾーンツールでゾーニングを行い、後に壁などの要素を配置するのも有効な手法の一つかと思います。

その際のゾーンの取り扱いのポイントを説明したいと思います。

 

1.まず準備としてゾーンツールでゾーンを配置します。この際のゾーンポリゴンは「手動」としてゾーニングを行います。

002

2.今回は3つのゾーンを配置しました。

003

3.次に壁ツールでゾーンの輪郭に沿って壁を配置します。

004

4.このまま作業を進めても問題ないのですが、手動入力のゾーンは計画に変更が生じた時には、やはり手動で修正することになります。

ARCHICADではそれらの修正を効率よく行うことができる「ゾーンを更新」という機能がありますので、それを可能にするために手動入力したゾーンの設定を変更する必要があります。

 

◆ゾーンポリゴンの変更

 

1.ゾーンのステータスが確認できるように、メニューの「デザイン」→「ゾーンを更新」をクリックしてパレットを表示させておきます。

 

005

2.配置したゾーンを全て選択して設定ダイアログを開きます。ゾーンポリゴンを「基準線」に変更して「OK」をクリックします。

006

3.警告!が表示されるので「今すぐ更新」をクリックします。

007

4.ゾーンを更新パレットのステータスに「✓」が表示され、ゾーンの更新が問題なく完了したことがわかります。

008

5.それと同時にゾーン上に「+」が表示されます。これは「基準点」というもので、ゾーンポリゴンの作成法が「内側」または「基準線」の自動入力によって作成されていることを示すと共に、ゾーン境界を設定するのに重要な基準となります。

009

◆ゾーンを更新ステータスに警告が出るケース

 

1.一連の操作を行った際にゾーンを更新ステータスに警告が出る場合があります。

010

2.これらはゾーン境界が正しく認識できなかた事を示しており、多くの場合「基準点」の位置が境界上や境界外にあるケースです。

011

3.解決するためにはそれぞれのゾーンを選択し「基準点」をクリックしてペットパレットの「サブ要素を移動」を行い、基準点をゾーンの境界となる基準線の「内側」に移動させてください。その上で「ゾーンを更新」を再度行います。

012

◆ゾーンを更新

 

1.適切にゾーンが基準線で設定されると、計画が変更されても簡単に再定義することができます。

ここでは平面計画の変更を想定して壁の位置の変更を行いました。

(※壁を変更しても、ゾーンは前のままの状態です。)

013

2.ここでゾーンを更新パレットの「全てのゾーンを更新」をクリックします。

(※一部のゾーンだけを更新したい場合は、更新するゾーンを選択した上で「選択したゾーンの更新」をクリック。)

014

3.ゾーンが更新されるのでステータスを確認します。右側の「%」は前のゾーン面積からの増減率が表示されます。

015

4.ゾーンが適切に更新されると、塗りつぶしや面積表示が自動的に修正されます。

016

◆最初のところで書いたように、ゾーンは最初から最後までポリゴンが「手動」であっても問題はありませんが、手動入力だと計画変更時の作業が増えたり、ゾーンの変更を忘れたり、入力ミスのリスクがあります。

しかし、「基準線」の自動入力では一括でゾーンの更新が可能になり、また、ゾーンを更新パレットのステータスを確認することで入力ミスを見つけることが可能になります。

ステータスに警告が出た時でも、パレットからゾーン選択ができるので修正もスムーズに行えます。


間接照明(建築化照明)のためのライン照明器具の作り方

0

室内のレンダリングに照明を入れると、リアルなレンダリングが可能です。

断面形状で作成したライン照明に「材質発光」を利用して、間接照明(建築化照明)を表現する方法をお教えします。

D-1

使用する照明器具の断面形状を断面形状マネージャーを使って作成します。

ここでは標準的なP社のLEDライン照明の形状を簡易な形で作成してみます。

[オプション]>[属性設定]>[断面形状マネージャ]を選択し、

新規ボタンをクリックし、名前「間接照明」と登録します。

D-2

「塗りつぶしツール」を使って照明器具の断面形状を

照明(発光部分)と器具(台座)に分けて作図します。

D-3

照明部分を選択し「材質上書き」にチェックを入れ「ガラス-ランプ」を選択します。

(※「ガラス-ランプ」は材質の設定で発光するようにあらかじめ登録されています)

その他の器具部分は「プラスチック-光沢」を選択します。

D-4

使用項目「梁」を選択して保存します。

D-5

梁ツールで断面形状「間接照明」を選択し、配置高さを設定後、平面図に実際の長さを入力し配置します。

D-6

ンダリングを実行します。

D-7

[オプション]>[属性設定]>[材質]を開き「ガラス-ランプ」の材質設定を表示し

発光の明るさの数値を変更して明るさを調整します。

(※CineRenderエンジンが搭載されていないSoloでは設定できません)

D-8


フォトマッチング機能の使い方

0

フォトレタッチソフト等でレンダリング結果を背景画像に合成する方法は、アングルやスケール等を調整する必要があり、とても手間がかかります。

ARCHICADのフォトマッチング機能は、平面図上の位置と画像の位置を関連付け、背景にフィットしたアングルのカメラを自動的に生成することができます。

 

■環境の準備

1.建設地の画像(bmpやjpg等)を用意し、わかりやすい場所に「新規フォルダ」を作成しファイルを格納します。

1

2. ARCHICADを起動し「ファイル」→「ライブラリとオブジェクト」→「ライブラリマネージャー」を選択します。

2

3.「追加」ボタンをクリックし、作成したフォルダを選択し、「OK」をクリックします。

※オリジナル画像を追加する場合は、必ず「ロード」させる必要があります。

「背景画像フォルダ」を追加した状態

3

4

4.「ドキュメント」→「レンダリング」→「レンダリングの設定」を選択し

背景パネルを開き、「イメージ」を選択し、読み込む画像を選択します。

背景画像がセットされた状態(画像サイズを書き留めておきます。)

7

8

5.環境パネルを開き、天空設定:なしに変更します。

※PhysicalSkyが設定されている場合は背景画像が反映されません。

9

6.サイズパネルをクリックし、読み込んだ画像サイズに変更します。

※「チェーン」ボタンを外すと縦横比が解除されます。

10

7.3Dタブを右クリックし、ウィンドウサイズの設定を開き、背景画像と同じサイズに調整します。

11

12

8.「3Dタブ」を右クリックし、「3Dスタイル」→「3Dスタイル」を選択し、

背景パネルを開き、「レンダリングと同じ」にチェックを入れると3Dウィンドウに背景画像が表示されます。

13

14

15

■フォトマッチングカメラの自動生成

 

1.背景画像をペイント等で開き、クリップボードにコピーして平面図(GL±となるフロア)に貼り付け(または、画像ツールで配置します)、画像の中心付近がカメラの位置になるように画像の位置を調整します。

16

2.線ツールを使って、下絵となる建物の側面(または正面)の上下線、垂直線を作画します。※生成に必要なのは、垂直線2本と上下線の4つの交点です。

17

3.画像を選択し、「ドキュメント」→「レンダリング」→「フォトマッチング」を選択し、

平面図の該当する1点目の位置でクリック、画像の該当する下の交点でクリック、上の交点でクリックします。続けて平面図の2点目の位置、画像の上下の交点でクリックします。

19

4.画像点のZ座標値(ここでは建物の軒高6000/0、6000/0)を入力し、「OK」をクリックします。

20

5.画像の選択を解除したら、生成されたカメラを選択し、F5を押すと、3Dが生成されたカメラアングルに変更されます。

21

6.見た目に違和感がある場合は、回転、拡大/縮小/スクロール等で微調整します。

22

7.「ドキュメント」→「レンダリング」→「レンダリングの実行」を選択し、レンダリング計算を行います。

23


メッシュツールを使って簡単な石垣を作る方法

0

敷地を作成する時は自由に高低差を変更出来るメッシュツールを使います。道路と高低差のある石垣も少し手を加えると作ることが可能です。

C-01

 

まずポリラインで敷地境界線、石垣ライン(傾め部分とフラット部分の境界線も)を書いておきます。

C-02

 

次に敷地(地面)を作ります。メッシュツールを選択し、(スペースキを押しながら)マジックワンドで境界線の内側をクリックします。

 

C-03

 

次に「石垣(フラット)」「石垣(斜め)」部分の設定ではモデルの中の材質上書きボタンをクリックして、

石垣-25」を選択します。

メッシュ高さを変更して、同様にマジックワンドを利用して敷地外周の石垣を2つのパーツに分けて作成して下さい。

(このモデルの石の大きさは、[オプション]>[属性設定]>[材質]>「石垣-25」のテクスチャの画像サイズを300→1200に変更して使用しています。)

 

C-04

「石垣(斜め)」部分のメッシュを選択して、右上のポイントをクリックしてペットパレットを出し、「メッシュポイントを高度変更」に合わせて、メッシュポイントの高さを「-600」と入力します。同様に道路境界線上の全てのポイントを1つずつクリックして高さを変更します。

C-05

次に車庫部分の切込みを行います。まず、参照線で切込み部分の下書きラインを作ります。

(画面上下左右の参照線マークをクリックしてドラッグします)

C-06

 

切込みたいメッシュ要素を全て選択してから、辺をクリックしペットパレットを出します。

「ポリゴンから削除」を選択し車庫切込み範囲を矩形で囲みます。

C-07

 

あとはスラブツールで車庫の床スラブを作成したり、壁ツールでコンクリート擁壁を作成していきます。

C-08


リノベーションフィルタを使って数案あるプランを切り替える方法

0

改修図面を作成する時に便利なリノベーションフィルタですが、A案、B案、、、と何案もある時や、変更時に変更前のプランを残しておきたい時にプランの切り替えを簡単に行うことが可能です。

[ウインドウ]>[パレット]>[リノベーションパレット]を表示します。

リノベーションフィルターオプションを表示して「05計画」を複製しA案、B案、とフィルターを追加します。

B-01

 

A案の要素を選択して[リノベーションフィルター]で「A案」を選択し[現在のリノベーションフィルタのみ表示]ボタンをクリックします。(この時に必要なら「Ctrl+C」でA案をコピーしておきます)

B-02

 

次に[リノベーションフィルター]を「B案」に切り替えB案を作成します。

(「Ctrl+V」でA案を貼り付けてからB案へ修正しても良いです)

B-03

 

ビュー登録の設定で[リノベーションフィルタ]を切り替えればそれぞれの図面を各案に対応して作成することが可能です。

B-04

 


躯体に食い込んだゾーンやスラブの塗りつぶしの包絡

0

躯体に食い込んだ塗りつぶしの包絡

平面図にて、ゾーンの手動入力やスラブの表面塗りつぶし設定を行うと
壁や柱の形状に塗りつぶしが食い込んでしまいます。
表示順序を変更しても状況は変わりません。

・ゾーン塗りつぶしが食い込んだ例
1

これには理由があります。
壁や躯体の「切断塗りつぶし」を管理しているのは
ビルディングマテリアルです。
デフォルトテンプレートでは、
ビルディングマテリアルの背景色が透明に
設定されているため、塗りつぶしが壁や柱に食い込んでしまうのです。

2

 

解決方法

1.オプション→属性設定→ビルディングマテリアルを開きます。

3

 

2.使用しているビルディングマテリアルを選択します。

4

 

3.切断塗りつぶしの背景色を「白:ペンNO19」に変更します。

5

 

4.ゾーン塗りつぶしが包絡されました。

6
※ペンNO19は各オブジェクトに設定されている背景ペンNOです
(この設定によりゾーンや塗りつぶしがあってもオブジェクトは包絡表現されます)。
グレースケール2等に切り替える際にはペンNO19の色を白に変更する必要があります。


平面図の表示設定

0

1.平面図表示

平面図の3D組み立て要素(壁、カーテンウォール、柱、梁、および屋根)は要素毎に平面図の表示設定ができます。

壁の平面図表示設定

1

 

表示設定の概念と各表現

垂直な基本構造や複合構造では違いがわかりずらいですが、傾斜角度を付けたり、断面形状で表示すると表現の違いが理解しやすいと思います。

切断面とは仮想の面に沿って水平に切断したような表示です。初期値ではフロア高さ+1100で設定されています。

2

 

3

 

2.表示フロア

組み立て要素の表示をフロア別に制御できます。要素が存在する[関連フロア全て]か、[配置フロアのみ]のいずれかを選択します。壁は初期値では配置フロアのみとなっています。

壁の表示フロア設定

4

 

例)2Fバルコニー腰壁(下階垂れ壁表現)の設定例

2Fで壁の設定を行い、壁を入力します。

表示フロア:関連フロア全て

壁上部:リンク無し

高さ+1400、下部-400

5

 

6

2Fの壁表示は切断面より下なので輪郭線表示となります。

7

 

1Fの壁表示は切断面より上なので上部線表示となります。

8