タグ ‘断面形状マネージャ’

オリジナル建具や既製建具の部品を作成

0

2Dデータのインポートと「断面形状マネージャ」によりデフォルトに無い建具部品を作りますArchiCADのデフォルト建具には、一般的に良く使われているケーシングと言われる種類の枠の部品がありません。メーカーの2Dデータをインポートして、それを元に「断面形状マネージャ」で新しい建具枠を作成してみます。オリジナルの枠も同様な方法で作成します。この方法で作った部品は原寸レベルまで正確なものが出来ます。 Read more



断面形状マネージャの結果を保存、利用

0

断面形状マネージャの結果を保存、利用するには「属性マネージャ」で保存(エクスポート)開く、結合(インポート)する。折角作った断面形状を他のプロジェクトで利用するには、属性マネージャの保存で「aatファイルにして」保存または、他のファイルの読み込みを利用する。 Read more