タグ ‘断面形状マネージャ’

[鉄骨ALC造]ALCパネル割付をモデルと図面へ連動させる方法

0

ALCパネルの割付を考える時、モデルと図面の両方に連動して表現出来れば作業が
非常に効率化されるのではないでしょうか。
実務での考え方に沿った目地の検討が可能になります。

今回はALC縦壁ロッキング工法の外壁モデルを例に、各図面への表現方法をお教えします。
ビルディングマテリアルの交差の優先度を利用することがポイントです。

 

①ALCの外壁を壁ツールで入力します。各フロアで分割せず1枚の壁として入力します。1FLでの入力時に壁上部を「最高高さ」とリンクさせ、平面図と断面図パネルの平面図表示の表示フロアを「関連フロア全て」に変更します。

壁のビルディングマテリアルは「BM-10 ALCパネル」(交差の優先度740)とします。

[構造と表現]では「*ALC(600)目地無し」を選択します。

これは平面図と断面図でALCの切断面の表記が@600になるように作成しています。設定は下図を参考にして下さい。(コンクリート-軽量2を複製して作成しています)

②目地(空洞部分)を様々な目地幅に対応出来るよう、断面形状で作成します。
ビルディングマテリアルはBM-66一般(交差の優先度999)を使います。
ALCパネルより交差の優先度を高くしておきます。モデルと立面図の表示では入力した目地を非表示にしますので隙間が発生します。隙間を埋めるためにシール部材を別に断面形状で作成します。作り方は下図を参考にして下さい。

断面形状の登録は下記の4種類になります。
それぞれの使用項目を 縦部材は「柱」、横部材は「梁」で登録します。

③1FLを表示し、柱ツールで縦方向の目地を入力します。
登録した断面形状「*ALC目地(縦)」の幅を0.1㎜の設定にし、ALCパネルの割付をします。伸縮目地は幅20㎜の設定で入力します。レイヤは「*目地(縦)」とします。
伸縮目地は同じ位置に「*ALC目地(縦)シール」も入力します。レイヤは「*目地(縦)シール」とします。
(※目地とシールはレイヤを分けておきます)

④断面図で高さ方向のALCパネルの割付をし、梁ツールでモデルに横目地を入力します。
断面形状は「*ALC目地(横)」を選択し、レイヤは「*目地(横)」とします。
(※横目地はフロアごとに入力します)

同様に横目地のシールも入力します。
断面形状は「*ALC目地(横)シール」を選択し、レイヤは「*目地(横)シール」とします。

⑤モデルを確認します。
「*目地(横)」「*目地(縦)」レイヤを非表示にし、
「*目地(横)シール」「*目地(縦)シール」レイヤを表示にします。
非表示の目地部分は交差の優先度がALCパネルより高いため、ALCパネルは欠損した状態で表示されます。

⑥同じレイヤの状態で立面図を見ると、欠損した目地部が輪郭線となり、ALCパネルに目地のラインが表示されます。この方法なら窓と干渉する目地は非表示なので影響を及ぼさず、開口部ごとに目地をカットする必要がありません。

各図面のレイヤセットの表示は下図を参考にして下さい。
「*目地(横)シール」「*目地(縦)シール」レイヤの包絡グループは番号を変更し、シールだけで包絡が完結するようにします。

 


[断面形状のカスタム形状変更]を利用して、厚みに可変性のある複合の壁を作ってみよう

0

ARCHICAD 22の新機能[断面形状のカスタム形状変更]は、複合構造の各層の壁厚を可変させることが可能です。複合構造の壁で実施設計を進めていくと、同じ材質の組み合わせの壁でもいろいろなバリエーションが必要になります。今までは各層の厚みが変われば、新たに複合構造を作成し、別の名前での登録が必要でした。これを[断面形状]の編集の中でパラメトリックエッジを定義することにより、1つの登録で形状変更することが可能になり、作業効率が大幅に改善されました。

では、下記の複合構造の壁「壁:PB12.5(LGS45)」を使って厚みの変更が可能な壁を作成してみましょう。(ARCHICAD22テンプレートで登録されているものです)

まず、図面内に配置した 「壁:PB12.5(LGS45)」 を選択した状態で

[オプション]>[断面形状]>[断面形状マネージャー] ダイアログボックスを開きます。

[取得]ボタンをクリックすると断面形状を編集するためのタブが作成され、作業ウィンドウが切り替わります。

[保存]ボタンをクリックし、「壁:PB12.5(LGS45)(形状変更)」と名前を付けます。

 [形状変更]パネルの③をクリックし[新しい断面形状の形状変更]ダイアログで

「仕上厚A」という名前を付けます。

[形状変更]パネルの[オフセットの寸法を追加]ボタンをクリックします。

⑤オフセットする辺をクリックします。

⑥カーソルをドラッグします。

(形状変更のパラメータ名が表示されますので、その寸法線をドラッグします)

⑦基準となる位置のポイントまでカーソルをドラッグし、クリックして円を表示させます。

⑧寸法の起点と方向が表示されますので記号を配置したい位置でクリックします。

反対側の仕上も同様に③から⑧の操作を行い「仕上厚B」を作成します。

躯体のLGSの寸法は、「公称幅」の値(全厚)が変化すると「幅ストレッチ」の指定範囲によりこの部分の厚みだけが変化します。これで3層の壁厚全てが変更可能な状態になります。最後に [保存] し [適用] をクリックします。

では、実際に厚みを変更してみましょう。

登録した断面形状の壁を選択し [選択した壁の設定] ダイアログを表示します。

[断面形状のオフセット形状変更] パネルの中に「仕上厚A」「仕上厚B」が登録され、厚みの数値が入力可能になっています。厚みを「ゼロ」とすることも可能ですので片面仕上げのパターンも可能です。


オリジナル建具や既製建具の部品を作成

0

2Dデータのインポートと「断面形状マネージャ」によりデフォルトに無い建具部品を作りますArchiCADのデフォルト建具には、一般的に良く使われているケーシングと言われる種類の枠の部品がありません。メーカーの2Dデータをインポートして、それを元に「断面形状マネージャ」で新しい建具枠を作成してみます。オリジナルの枠も同様な方法で作成します。この方法で作った部品は原寸レベルまで正確なものが出来ます。 Read more



断面形状マネージャの結果を保存、利用

0

断面形状マネージャの結果を保存、利用するには「属性マネージャ」で保存(エクスポート)開く、結合(インポート)する。折角作った断面形状を他のプロジェクトで利用するには、属性マネージャの保存で「aatファイルにして」保存または、他のファイルの読み込みを利用する。 Read more