タグ ‘壁’

[断面形状のカスタム形状変更]を利用して、厚みに可変性のある複合の壁を作ってみよう

0

ARCHICAD 22の新機能[断面形状のカスタム形状変更]は、複合構造の各層の壁厚を可変させることが可能です。複合構造の壁で実施設計を進めていくと、同じ材質の組み合わせの壁でもいろいろなバリエーションが必要になります。今までは各層の厚みが変われば、新たに複合構造を作成し、別の名前での登録が必要でした。これを[断面形状]の編集の中でパラメトリックエッジを定義することにより、1つの登録で形状変更することが可能になり、作業効率が大幅に改善されました。

では、下記の複合構造の壁「壁:PB12.5(LGS45)」を使って厚みの変更が可能な壁を作成してみましょう。(ARCHICAD22テンプレートで登録されているものです)

まず、図面内に配置した 「壁:PB12.5(LGS45)」 を選択した状態で

[オプション]>[断面形状]>[断面形状マネージャー] ダイアログボックスを開きます。

[取得]ボタンをクリックすると断面形状を編集するためのタブが作成され、作業ウィンドウが切り替わります。

[保存]ボタンをクリックし、「壁:PB12.5(LGS45)(形状変更)」と名前を付けます。

 [形状変更]パネルの③をクリックし[新しい断面形状の形状変更]ダイアログで

「仕上厚A」という名前を付けます。

[形状変更]パネルの[オフセットの寸法を追加]ボタンをクリックします。

⑤オフセットする辺をクリックします。

⑥カーソルをドラッグします。

(形状変更のパラメータ名が表示されますので、その寸法線をドラッグします)

⑦基準となる位置のポイントまでカーソルをドラッグし、クリックして円を表示させます。

⑧寸法の起点と方向が表示されますので記号を配置したい位置でクリックします。

反対側の仕上も同様に③から⑧の操作を行い「仕上厚B」を作成します。

躯体のLGSの寸法は、「公称幅」の値(全厚)が変化すると「幅ストレッチ」の指定範囲によりこの部分の厚みだけが変化します。これで3層の壁厚全てが変更可能な状態になります。最後に [保存] し [適用] をクリックします。

では、実際に厚みを変更してみましょう。

登録した断面形状の壁を選択し [選択した壁の設定] ダイアログを表示します。

[断面形状のオフセット形状変更] パネルの中に「仕上厚A」「仕上厚B」が登録され、厚みの数値が入力可能になっています。厚みを「ゼロ」とすることも可能ですので片面仕上げのパターンも可能です。



ArchiCAD 17の新しい基準線・基準面の使い方

0

ArchiCAD 17では、要素を入力する際の基準となる壁の「基準線」とスラブの「基準面」の設定に新しいオプションが追加されました。ここで紹介する新しい入力方法を使うことで、設計の各フェーズでより自然に、そして効率よくBIMモデルを作成することができます。

Read more



壁作成の基本操作1

0

ArchiCADでは、直線、曲線、台形、ポリゴンの壁を描画できます。この壁は、1つの材質から成る単純構造、複数の材質から成る複合構造にできます。さらに、複数の材質を組み合わせた、カスタム形状の複雑な壁(断面形状壁)を作成できます。基本操作1、以下の作図の方法をご紹介します。

Read more

壁の内外部に配置したオブジェクトの位置関係を簡単にチェックする

0

壁をワイヤフレーム表示して、展開図や立面図、3Dウィンドウ等で相対関係をチェックします。名付けて、ワイヤフレームチェック法です。詳細図や施工図等で、壁の内部にある間柱やスタッド類の下地等を入力した際に、壁に配置してある建具等や壁表面に配置した設備プレート類は、壁の表示をワイヤフレーム表示とすることで、簡単に相対関係をチェックできます。ただし、展開図では必ず「再構築」コマンドで描画しなおすことが必要です。これは、床や天井にも応用可能です。 Read more


連続する高さの違う壁の消えてしまう壁端部を表示する

0

高さの違う壁の接続している端部が表示されない場合には壁の終端ツールを最小値にして処理します。一直線に繋がるそれぞれの壁の高さが違う場合に、平面図の切断高さによっては、壁の終端が表示され無い場合があります。その場合には、「壁の終端」ツールを用いて、薄い終端壁を描きます。 Read more


躯体図(施工図)における効率的な柱、壁符号の入力の仕方

0

入力されている柱、壁(躯体)には、一度柱ツールや壁ツールにより「ラベルを表示」させてからラベルツールを用いて、柱記号、壁記号を入力します。「柱ID、壁ID」は構造設計が終わった段階で決まりますが、それを施工図段階で、躯体記号として図面内に表示する必要があります。その場合に、通常は意匠図に「躯体ID」が入っていないので、柱や壁ツールで「躯体ID」を表示させた後に、「ラベルツール」で編集します。(躯体)記号の調整は「ラベルツール」により行うことに注意が必要です。 Read more


壁の平面図表示の変え方

0

平面図表示の変更は情報ボックスの設定と平面図の切断面高さで行う壁の「情報ボックス」→「平面図と断面図」→「平面図表示」で表現方法が変更出来ます。さらに、平面図の切断面高さを変更するとその表現される内容が変化します。表現したい内容に応じてパラメーターを変える事で、多彩で有効な図面表現が可能です。 Read more