タグ ‘切断面’

平面図の表示設定

0

1.平面図表示

平面図の3D組み立て要素(壁、カーテンウォール、柱、梁、および屋根)は要素毎に平面図の表示設定ができます。

壁の平面図表示設定

1

 

表示設定の概念と各表現

垂直な基本構造や複合構造では違いがわかりずらいですが、傾斜角度を付けたり、断面形状で表示すると表現の違いが理解しやすいと思います。

切断面とは仮想の面に沿って水平に切断したような表示です。初期値ではフロア高さ+1100で設定されています。

2

 

3

 

2.表示フロア

組み立て要素の表示をフロア別に制御できます。要素が存在する[関連フロア全て]か、[配置フロアのみ]のいずれかを選択します。壁は初期値では配置フロアのみとなっています。

壁の表示フロア設定

4

 

例)2Fバルコニー腰壁(下階垂れ壁表現)の設定例

2Fで壁の設定を行い、壁を入力します。

表示フロア:関連フロア全て

壁上部:リンク無し

高さ+1400、下部-400

5

 

6

2Fの壁表示は切断面より下なので輪郭線表示となります。

7

 

1Fの壁表示は切断面より上なので上部線表示となります。

8


平面図の「切断面レベル」で見え方が変わる天板

0

切断面高さで表示、非表示を切り替えたい家具の天板等の場合にはポリゴン壁を平らな形状で利用します。→表示フロアー、平面図表示、表示順序の各パラメーターにより見え方を調整します。造作家具等の天板のように、平面図切断レベルに応じて平面表示を変えたい場合があります。この場合には、どのレベルでも同じ表示となり同時に「平面図表示」が実線、点線等に自動的に変更されないスラブは適しません。そこで、壁、特に自由な形状ならばポリゴン壁を利用してパラメーターを工夫して作成します。 Read more