タグ ‘スラブ’

ArchiCAD 17の新しい基準線・基準面の使い方

0

ArchiCAD 17では、要素を入力する際の基準となる壁の「基準線」とスラブの「基準面」の設定に新しいオプションが追加されました。ここで紹介する新しい入力方法を使うことで、設計の各フェーズでより自然に、そして効率よくBIMモデルを作成することができます。

Read more


躯体図(施工図)における効率的なスラブ符号の入力の仕方

0

入力されているスラブ(躯体)には、一度スラブツールにより「ラベルを表示」させてからラベルツールを用いて、スラブ記号を編集します。「見上図」として表現するにはスラブの配置階を変更します。通常、意匠設計図では表示されていない、スラブ符号をラベルツールにより、表示させます。見上げ図を作成するにはスラブの「配置階」を「見上図を作成している階」に設定すると、平面図は見上げ図の表現になりますが、間違いを防止するために、意匠設計図とは分けてモデルを管理する必要が出てきます。 Read more


コンクリート躯体の増打ち(フカシ)の表現方法 (その3 梁、スラブ編)

0

スラブは、壁同様に複合構造で作成し、梁は断面形状マネージャを使います。梁の構造体の位置は寸法情報と同様に2Dツールで表現します。スラブは複合構造で作成しますが、細かな断面の包絡が生成されない場合には「ソリッド編集」により断面を整えます。梁は側面と梁底のフカシは「断面形状マネージャ」によりフカシの属性で表現し、上部の増打ち(フカシ)には、スラブとの包絡を考慮して梁本体と同じ躯体の属性を使います。それぞれの情報ボックスで、「構造体設定を適用」により、表現を統一します。 Read more


複雑な形状のスラブを簡単に入力

0

マジックワンドを利用して壁面を指定すると一発で入力出来ます。マジックワンドは、オブジェクトのエッジを自動的に認識して要素を作成する便利なツールです。連続線/円弧、多角形輪郭、あるいは選択した複数の線/円弧で使用できます。 Read more