タグ ‘オブジェクト’

立断面で使えるオブジェクトの作成

0

※オブジェクト登録の流れについては他の記事も参照ください。
<参考記事 – ヘルプセンター>
3D要素をライブラリ部品として保存
http://goo.gl/4rxKGT

◆使用データの準備
1.メーカーサイトより3Dデータ(DXF)と平面で使用する2Dデータ(DXF)をダウンロードしておく。
2.3DデータはGDLオブジェクトとしてインポートし2Dデータは通常の結合でArchiCADへ取り込む。

Read more








外部2D、3Dデータでオブジェクト(GSMファイル)を作成する手順

0

平面シンボルの結合

  1. 3D DXF/DWGから変換された3D部品を開き、2Dスクリプトの一行目に

    project2 3,270,2

    を挿入。
    dxf_001_2D_capture

  2.  予め保存された平面2Dシンボルを開き、2Dスクリプトをコピー&ペーストでproject2 コマンドの下に挿入する。
  3.  合体させた2Dシンボルと3Dからの投影を確認しながら、回転と移動コマンドで(rot2, add2)重ね合わせるように調整する。
    2D_rotate
  4. 合わせたら、project2 コマンドを削除する。

Read more