梁 のカテゴリー

屋根による要素編集

0

【屋根による要素編集】

◆屋根を使用するモデルの加工には大きく「クロップ」「切り取り」「ソリッド編集」の3種類の方法があります。
今回はそれぞれの特徴をご紹介したいと思います。

◆検証モデル

001

まずこのように各ツールで作られた壁の様なモデルを作成し、それらを貫通するように屋根を配置してあります。
ビルディングマテリアルは共通で優先度997とし、材質上書きにより色分けしてあります。
では3種類の方法で加工を行ってみたいと思います。

◆クロップ

1.全ての要素を選択しコンテキストメニュー(右クリック)から「単一平面屋根までクロップ」→「要素上部をクロップ」→「クロップ」として実行します。

2.ゾーンについては同様に「ゾーンをクロップ」というのがありますので、そちらで行います。

002

 

 

3.クロップ後のモデルです。要素によってクロップできるものと、できないものがあることがわかります。

003

4.クロップされた要素については全て屋根の下面で切り取られます。

004

5.カーテンウォール(以下CW)についてはクロップの時のみ境界フレームが作成されます。

 

005

6.クロップを解除するには要素を選択しコンテキストメニューから「全てのクロップを元に戻す」で行います。

006

 

7.CWには「全てのクロップを元に戻す」機能がありません。
これはクロップされたCWが屋根によって切り取られたのではなく、CWのスキーム境界を編集することでモデルを加工しているためです。
そのためCWを元に戻すには3Dの「CW編集」でスキームを編集する必要があります。

007

 

 

◆切り取り

1.全ての要素を選択しコンテキストメニューから「接続」→「屋根/シェルで要素を切り取り」→「切り取り」として実行します。

008

 

 

2.切り取り後のモデルです。全ての要素が切り取られていますが、屋根の輪郭範囲で切り取られています。

009

 

3.これには屋根/シェル特有の「切り取りボディ」が関係しています。
メニューから「表示」→「表示オプション」→「切り取りボディ」として確認してみます。

010

 

屋根の輪郭の下部に半透明の赤い「切り取りボディ」が表示されます。
この範囲内で要素が切り取られるということになります。

※「切り取りボディ」は屋根/シェルの設定ダイアログで範囲を変更できます。

4.他に「切り取り」の特徴としてはビルディングマテリアルによる「交差の優先度」があります。
先ほどの画像でもすでに屋根の上面までいくつかの要素が達しているのがわかりますが、ここで屋根の優先度を上げてみます。

011

 

すると屋根の上面には他の要素が表示されなくなりました。
このように「切り取り」ではビルディングマテリアルが影響していることがわかります。

5.これらの「切り取り」を解除するには要素を選択し、表示される「接続アイコン」をクリックして、更に表示される要素IDの右側にある「×」をクリックします。

012

 

 

◆ソリッド編集

1.加工したい全ての要素を選択しコンテキストメニューから「接続」→「ソリッド編集」としてパレットを開き、それらをターゲット、屋根をオペレータとして「上方向へ減算」として実行します。

013

 

 

014

 

2.ソリッド編集後のモデルです。全ての要素が屋根の下面から上方向へ減算されています。

015

※屋根のビルディングマテリアルを変更しても「交差の優先度」の影響はありません。

◆屋根の変更

最後に要素の加工後に屋根の変更を行った場合の影響についてご紹介したいと思います。
ご紹介した3種類の加工後に屋根の位置を変更してみます。

1.「クロップ」は屋根がどこに移動してもクロップされた要素にはまったく影響がありません。
これはクロップ後の屋根と他の要素の連動性が無いことを意味します。よって、屋根を削除しても残された要素はクロップされた形状を維持します。

016

 

2.「切り取り」では屋根の移動とともに「切り取りボディ」も移動するので切り取られる範囲が変わります。
これは切り取り後の屋根と他の要素に連動性があることを意味します。

017

3.「ソリッド編集」も同様に加工後はターゲットとオペレータには連動性がありますが、切り取りボディの様な範囲の制限がありません。
双方の連動性は要素が離れていても接続を解除しないかぎり続き、交差すると選択された操作を実行します。

018

◆長くなってしまいましたが、ご紹介した特徴を理解しているかどうかでモデリングの効率や、図面の詳細化にも影響が出るかと思います。
各要素やフェーズ、図面ごとに適切な加工を心がけましょう。




扱いやすい大きな基礎梁の入力の方法

0

基礎梁の途中の高さで切った図面を切り出すには、梁でなく壁で入力します。基礎梁は建物の大きさによっては、普通の階高さに相当する大きなものになります。その場合には、梁の中間で平面を切って表現したい情報があると、梁で入力した場合には、梁の切断面が表示されません。この場合、梁と同じ大きさの壁で入力すると、そうした場合に自由に平面図切断高さを設定出来て、使い易くなります。 Read more


躯体図(施工図)における効率的な梁符号の入力の仕方

0

入力されている梁(躯体)には、一度梁ツールにより「ラベルを表示」させてからラベルツールを用いて、梁記号を入力します。「梁ID」は構造設計が終わった段階で決まりますが、それを施工図段階で、梁記号として図面内に表示する必要があります。その場合に、意匠図に「梁ID」が入っていない場合には、梁ツールで「梁ID」を表示させた後に、「ラベルツール」で編集します。梁(躯体)記号の編集は「ラベルツール」により行うことに注意が必要です。梁の配置レベルを上階からのレベルにするには配置フロアーを作図している階の上階にします。表示フロアは「関連フロア全て」のままです。 Read more


コンクリート躯体の増打ち(フカシ)の表現方法 (その3 梁、スラブ編)

0

スラブは、壁同様に複合構造で作成し、梁は断面形状マネージャを使います。梁の構造体の位置は寸法情報と同様に2Dツールで表現します。スラブは複合構造で作成しますが、細かな断面の包絡が生成されない場合には「ソリッド編集」により断面を整えます。梁は側面と梁底のフカシは「断面形状マネージャ」によりフカシの属性で表現し、上部の増打ち(フカシ)には、スラブとの包絡を考慮して梁本体と同じ躯体の属性を使います。それぞれの情報ボックスで、「構造体設定を適用」により、表現を統一します。 Read more


壁に建具を使わないで開口を開けるには(梁の利用方式)

0

梁で抜き型を作成して「オペレータ」レイヤを利用して型を抜くと様々な開口が出来ます。建具の単純開口では出来ない形状の開口を壁に開けるには、梁の抜き型を作成してレイヤを「オペレーター」とし「非表示レイヤ」にすることで様々な開口を壁に開けることが出来ます。壁にリンクはしていないので、壁を移動する場合には注意する必要があります。 Read more


単体の梁が持つ属性情報

0

梁を1本、図中に配置した場合に、どのような数量情報がプロジェクトに追加されるかを条件を変えて具体的に調べて知っておくと良いでしょう。ArchiCADの各オブジェクトには必ず何らかのBI(ビルディングインフォメーション)属性情報や数量情報が含まれています。その内容を理解するには、最も単純な梁を配置して、ナビゲータープロジェクトマップ内の構成要素やリストの要素情報を見てみることで、具体的なその内容を知ることが出来ます。 Read more


デフォルトの梁リストに無い鉄骨梁を作る

0

断面形状マネージャでデフォルトの梁を複製しアレンジして登録する「<a title=”梁型の複合構造の作り方” href=”http://www.howtousearchicad.com/2012/02/21/%e6%a2%81%e5%9e%8b%e3%81%ae%e8%a4%87%e5%90%88%e6%a7%8b%e9%80%a0%e3%81%ae%e4%bd%9c%e3%82%8a%e6%96%b9/”>梁型の複合構造の作り方</a>」同様に、作成したい梁形状に近い既存の梁をアレンジして、新しい鉄骨の梁断面を作ります。属性マネージャで保存すれば、別のプロジェクトでも利用可能です。梁だけに利用するなら、基準点を梁天端に移動すると便利です。出来上がった梁は、通常の梁コマンドで配置出来るので、部品の中の鉄骨梁より使い易いです。<!–more–>