壁 のカテゴリー

ArchiCAD 17の新しい基準線・基準面の使い方

0

ArchiCAD 17では、要素を入力する際の基準となる壁の「基準線」とスラブの「基準面」の設定に新しいオプションが追加されました。ここで紹介する新しい入力方法を使うことで、設計の各フェーズでより自然に、そして効率よくBIMモデルを作成することができます。

Read more




壁作成の基本操作1

0

ArchiCADでは、直線、曲線、台形、ポリゴンの壁を描画できます。この壁は、1つの材質から成る単純構造、複数の材質から成る複合構造にできます。さらに、複数の材質を組み合わせた、カスタム形状の複雑な壁(断面形状壁)を作成できます。基本操作1、以下の作図の方法をご紹介します。

Read more

壁の内外部に配置したオブジェクトの位置関係を簡単にチェックする

0

壁をワイヤフレーム表示して、展開図や立面図、3Dウィンドウ等で相対関係をチェックします。名付けて、ワイヤフレームチェック法です。詳細図や施工図等で、壁の内部にある間柱やスタッド類の下地等を入力した際に、壁に配置してある建具等や壁表面に配置した設備プレート類は、壁の表示をワイヤフレーム表示とすることで、簡単に相対関係をチェックできます。ただし、展開図では必ず「再構築」コマンドで描画しなおすことが必要です。これは、床や天井にも応用可能です。 Read more


連続する高さの違う壁の消えてしまう壁端部を表示する

0

高さの違う壁の接続している端部が表示されない場合には壁の終端ツールを最小値にして処理します。一直線に繋がるそれぞれの壁の高さが違う場合に、平面図の切断高さによっては、壁の終端が表示され無い場合があります。その場合には、「壁の終端」ツールを用いて、薄い終端壁を描きます。 Read more


躯体図(施工図)における効率的な柱、壁符号の入力の仕方

0

入力されている柱、壁(躯体)には、一度柱ツールや壁ツールにより「ラベルを表示」させてからラベルツールを用いて、柱記号、壁記号を入力します。「柱ID、壁ID」は構造設計が終わった段階で決まりますが、それを施工図段階で、躯体記号として図面内に表示する必要があります。その場合に、通常は意匠図に「躯体ID」が入っていないので、柱や壁ツールで「躯体ID」を表示させた後に、「ラベルツール」で編集します。(躯体)記号の調整は「ラベルツール」により行うことに注意が必要です。 Read more


コンクリート躯体の増打ち(フカシ)の表現方法 (その1 壁編)

0

塗りつぶし属性を新たに設定し、分離線表現を変えると同時に、壁の複合構造や柱のラップ、断面形状マネージャを表現目的に応じて使い分けます。コンクリートの増打ち部分(いわゆるフカシ)の表現方法として、構造体部分の塗りつぶし属性を、複製(塗りつぶしパターンは変えず)して管理し易い名称で作成します。それを使って増打ち(フカシ)のある複合構造を作成します。同時に、層間の分離線を破線表現にして増打ち表現とします。ただし、断面図等において、壁や柱や梁の包絡がされない場合には、部分的に修正が必要な場合があります。 Read more


特殊な平面形状(成型セメント版の竪リブ等)の壁の作り方

0

押出成形セメント板等の特殊な外壁で、リブが壁に対して縦向きのものは壁の図形作成法(ポリゴン壁)で作ります。メーカーの2Dデータを「結合」コマンドで読み込み、それをArchiCAD内で整え、定規にしてポリゴン壁をマジックワンドにより作成します。これによって作成された壁は建具が入れられるので、実際の押出成形セメント版製品と同じ多様な表情の外壁を作る事が出来ます。出来上がったリブは施工図レベルで割り付けも可能です。 Read more


壁の平面図表示の変え方

0

平面図表示の変更は情報ボックスの設定と平面図の切断面高さで行う壁の「情報ボックス」→「平面図と断面図」→「平面図表示」で表現方法が変更出来ます。さらに、平面図の切断面高さを変更するとその表現される内容が変化します。表現したい内容に応じてパラメーターを変える事で、多彩で有効な図面表現が可能です。 Read more