レンダリング のカテゴリー

間接照明(建築化照明)のためのライン照明器具の作り方

0

室内のレンダリングに照明を入れると、リアルなレンダリングが可能です。

断面形状で作成したライン照明に「材質発光」を利用して、間接照明(建築化照明)を表現する方法をお教えします。

D-1

使用する照明器具の断面形状を断面形状マネージャーを使って作成します。

ここでは標準的なP社のLEDライン照明の形状を簡易な形で作成してみます。

[オプション]>[属性設定]>[断面形状マネージャ]を選択し、

新規ボタンをクリックし、名前「間接照明」と登録します。

D-2

「塗りつぶしツール」を使って照明器具の断面形状を

照明(発光部分)と器具(台座)に分けて作図します。

D-3

照明部分を選択し「材質上書き」にチェックを入れ「ガラス-ランプ」を選択します。

(※「ガラス-ランプ」は材質の設定で発光するようにあらかじめ登録されています)

その他の器具部分は「プラスチック-光沢」を選択します。

D-4

使用項目「梁」を選択して保存します。

D-5

梁ツールで断面形状「間接照明」を選択し、配置高さを設定後、平面図に実際の長さを入力し配置します。

D-6

ンダリングを実行します。

D-7

[オプション]>[属性設定]>[材質]を開き「ガラス-ランプ」の材質設定を表示し

発光の明るさの数値を変更して明るさを調整します。

(※CineRenderエンジンが搭載されていないSoloでは設定できません)

D-8


フォトマッチング機能の使い方

0

フォトレタッチソフト等でレンダリング結果を背景画像に合成する方法は、アングルやスケール等を調整する必要があり、とても手間がかかります。

ARCHICADのフォトマッチング機能は、平面図上の位置と画像の位置を関連付け、背景にフィットしたアングルのカメラを自動的に生成することができます。

 

■環境の準備

1.建設地の画像(bmpやjpg等)を用意し、わかりやすい場所に「新規フォルダ」を作成しファイルを格納します。

1

2. ARCHICADを起動し「ファイル」→「ライブラリとオブジェクト」→「ライブラリマネージャー」を選択します。

2

3.「追加」ボタンをクリックし、作成したフォルダを選択し、「OK」をクリックします。

※オリジナル画像を追加する場合は、必ず「ロード」させる必要があります。

「背景画像フォルダ」を追加した状態

3

4

4.「ドキュメント」→「レンダリング」→「レンダリングの設定」を選択し

背景パネルを開き、「イメージ」を選択し、読み込む画像を選択します。

背景画像がセットされた状態(画像サイズを書き留めておきます。)

7

8

5.環境パネルを開き、天空設定:なしに変更します。

※PhysicalSkyが設定されている場合は背景画像が反映されません。

9

6.サイズパネルをクリックし、読み込んだ画像サイズに変更します。

※「チェーン」ボタンを外すと縦横比が解除されます。

10

7.3Dタブを右クリックし、ウィンドウサイズの設定を開き、背景画像と同じサイズに調整します。

11

12

8.「3Dタブ」を右クリックし、「3Dスタイル」→「3Dスタイル」を選択し、

背景パネルを開き、「レンダリングと同じ」にチェックを入れると3Dウィンドウに背景画像が表示されます。

13

14

15

■フォトマッチングカメラの自動生成

 

1.背景画像をペイント等で開き、クリップボードにコピーして平面図(GL±となるフロア)に貼り付け(または、画像ツールで配置します)、画像の中心付近がカメラの位置になるように画像の位置を調整します。

16

2.線ツールを使って、下絵となる建物の側面(または正面)の上下線、垂直線を作画します。※生成に必要なのは、垂直線2本と上下線の4つの交点です。

17

3.画像を選択し、「ドキュメント」→「レンダリング」→「フォトマッチング」を選択し、

平面図の該当する1点目の位置でクリック、画像の該当する下の交点でクリック、上の交点でクリックします。続けて平面図の2点目の位置、画像の上下の交点でクリックします。

19

4.画像点のZ座標値(ここでは建物の軒高6000/0、6000/0)を入力し、「OK」をクリックします。

20

5.画像の選択を解除したら、生成されたカメラを選択し、F5を押すと、3Dが生成されたカメラアングルに変更されます。

21

6.見た目に違和感がある場合は、回転、拡大/縮小/スクロール等で微調整します。

22

7.「ドキュメント」→「レンダリング」→「レンダリングの実行」を選択し、レンダリング計算を行います。

23


ARCHICAD SOLOでも出来る手書き風パースの作成

0

00_%e6%96%ad%e9%9d%a2%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

モデルもあまり作りこまれていない計画初期において、

フォトクオリティなCGよりも手書き風パースが好ましいことは多々あると思います。

そこで今回は、インターナルレンダリングとスケッチレンダリングを使用した手描き風パースの簡単な作成方法をご紹介します。(※一部Photoshopの作業があります。)

 

1.まずパースを作成したいアングルで、ビュー登録をします。(変更があっても同じパースを作成するため)

01_%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%a5%e3%83%bc

2.インターナルレンダリングとスケッチレンダリングそれぞれを、同じビューを使って、同じ位置、同じサイズでレンダリングします。

(インターナルレンダリング、スケッチレンダリングとも今回は初期値のままとします。お好みで調整してください。)

 

インターナル設定

02_%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%ab%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

スケッチ設定

03_%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81%e8%a8%ad%e5%ae%9a

サイズ設定

04_%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

3.レンダリングします。

 

・インターナルレンダリング

05_%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc

 

・スケッチレンダリング

06_%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81

 

4.結果をtif形式で保存してください。(jpg形式でも可です。)

 

5.この2つをフォトショップで重ね合わせます。

07_photoshop

 

6.インターナルを一番下のレイヤーになるようにします。

スケッチのレイヤーを複製し、スケッチとコピーしたスケッチレイヤーに、それぞれオーバーレイ、比較(暗)をかけます。

08_photoshop%e8%a4%87%e8%a3%bd

 

オーバーレイ設定

09_%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%82%a4%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

比較(暗)設定

10_%e6%af%94%e8%bc%83%e6%9a%97%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

 断面パース 00_%e6%96%ad%e9%9d%a2%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

調整レイヤーを使用することでコントラストや明るさ等を変えることができるので、より見やすいパースを作成することもできます。

平面パース、立面パースもこのような感じで簡単に作成できますので、ぜひ試してみて下さい!!

 

 平面パース 

11_%e5%b9%b3%e9%9d%a2%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

 立面パース 

12_%e7%ab%8b%e9%9d%a2%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

 



作成したテクスチャがレンダリングに反映されない時は

0

新しい材質を作成したとき、レンダリングしても材質が反映されないということがあります。

 

通常材質を作成する時は、オプション>属性設定>材質の設定を開き、「プレビューの作成」は「インターナル」になっている状態で、テクスチャを読み込みます。

Read more