メッシュ のカテゴリー

駐車ラインのモデリング

0

 

◆外構計画など、敷地上に様々なラインを表示する事がありますが、
その敷地(メッシュ)に起伏がある場合のモデリング方法をご紹介したいと思います。

001

 

◆ラインの作成

1.壁ツールでメッシュに埋め込むように駐車ラインを作成します。

2.車椅子マークやゼブララインは2Dを下書きにポリゴン壁で作成します。

002

 

 

003

※今回は全て壁ツールで作成していますが、スラブツールなどで作成してもかまいません。
よく使用するものはオブジェクトを作成しておくと便利かと思います。

◆メッシュのコピー

1.メッシュを選択し、上方向へ5mm移動したコピーを作成します。

004

2.コピーしたメッシューを選択し、設定ダイアログを開き、組み立て法を「表面」に変更します。
ここではわかりやすいようにビルディングマテリアルも「鉄鋼材」へ変更しています。

005

 

 

006

◆ソリッド編集

1.ソリッド編集機能を使ってラインを切り出します。
まず最初にラインを選択して「ターゲット要素を取得」とします。

007

2.次にソリッドな方のメッシュを選択して「オペレータ要素を取得」とし、操作を「減算」として実行します。

008

3.同様にラインをターゲットとして、今度はコピーしたメッシュを選択して「オペレータ要素を取得」とし、
操作を「上方向へ減算」として実行します。

009

4.コピーしたメッシュのレイヤをオペレータなどの非表示レイヤに変更します。

010

5.確認のためにソリッドなメッシュを非表示にすると、ラインなどのモデルがコピーした分の厚み(5mm)で
切り出されているのがわかります。

011

◆ポイント

1.他の方法としてVIPツールの仕上げツールが考えられますが、この方法だとラインなどの位置が変更になっても
ソリッド編集で使用したメッシュ内であれば起伏に関係なく移動できるので編集が容易になります。

012

 

013


等高線から地形を作成する③

0

大きい地形から一部の地形を取り出す方法は?

前回の等高線から地形を作成する②は、大きい地形から目的エリアを取り出す方法として、矩形選択ツールを使いましたが、今回は、他の取り出し方を紹介します。せっかく作った複雑な地形も、取り出し方によっては、全く使えない場合もありますので、注意が必要です。なお、前回同様、水色枠が最終的に取り出したい地形範囲とします。

Read more


等高線から地形を作成する②

1

外周部の輪郭が不自然でない地形画像をつくるには?

メッシュツールで地形をつくる際、外周部の輪郭形状は、外周辺の隣り合うメッシュポイントの端点どうしを直線的に結んでしまうので、実際の起伏とは異なる不自然な地形になってしまいます。地形の起伏した様子を、もっと自然に表現した輪郭形状が、つくれないでしょうか。

Read more


等高線から地形を作成する①

1

外周付近がへんな形になってしまった場合の調整方法は?

等高線をもとに、メッシュツールで地形をつくるというノウハウは方々で紹介されています。しかし、等高線に高さを入力しただけでは、なかなか思った通りの形状になりません。3Dモデルを見てみると、メッシュの外周部やその近辺が、実体と違った不都合な形状になってしまうことがあり、高さの調整が必要となります。今回は、その調整について述べます。

Read more


建物下の敷地メッシュを深さ別に正確に切り抜く

0

補助線を使いマジックワンドを利用して、切り抜きます。敷地メッシュを正確に切り抜かないと断面で不必要な断面線が入ったりします。それを防ぐために、同一の補助線を利用してマジックワンドで切り抜きます。そのために、補助線は区画ごとに切断して描きます。 Read more


メッシュで作った敷地から建物やドライエリア部分を抜き出す方法

0

メッシュのくり抜きを作るには、「ソリッド編集」やメッシュの「ポリゴンからの削除」で作ります。「ソリッド編集」では、平面図の表示に「減算」が反映されない事に注意が必要です。メッシュの「ポリゴンからの削除」は削除後に必要な高さまで埋め戻す手間がかかります。作図用途によって使い分ける必要があります。 Read more