各種図面 のカテゴリー









2次元部分詳細図の資産(データ)を有効に利用する

0

個別詳細図に図面ツールを利用して2D図面を貼り付け、その図面をレイアウト枠にいれ、ArchiCAD内の詳細図マーカーとリンクさせる過去の2D資産の部分詳細図は一番大事なデータの一つです。それをArchiCADの図面の中で有効に利用するには、3Dからの切り出した図面をキープランとして、2Dツールにより2D図面を参照させます。そのために、一度「個別詳細図」で2Dデータを取り込んでおきます。取り込んだ2Dデータは元の慣れた2D-CADで訂正しても、更新出来ます。 Read more


躯体図(施工図)における効率的なスラブ符号の入力の仕方

0

入力されているスラブ(躯体)には、一度スラブツールにより「ラベルを表示」させてからラベルツールを用いて、スラブ記号を編集します。「見上図」として表現するにはスラブの配置階を変更します。通常、意匠設計図では表示されていない、スラブ符号をラベルツールにより、表示させます。見上げ図を作成するにはスラブの「配置階」を「見上図を作成している階」に設定すると、平面図は見上げ図の表現になりますが、間違いを防止するために、意匠設計図とは分けてモデルを管理する必要が出てきます。 Read more