詳細図 のカテゴリー

2次元部分詳細図の資産(データ)を有効に利用する

0

個別詳細図に図面ツールを利用して2D図面を貼り付け、その図面をレイアウト枠にいれ、ArchiCAD内の詳細図マーカーとリンクさせる過去の2D資産の部分詳細図は一番大事なデータの一つです。それをArchiCADの図面の中で有効に利用するには、3Dからの切り出した図面をキープランとして、2Dツールにより2D図面を参照させます。そのために、一度「個別詳細図」で2Dデータを取り込んでおきます。取り込んだ2Dデータは元の慣れた2D-CADで訂正しても、更新出来ます。 Read more