ワークシート のカテゴリー


ArchiCADを図書発行のプラットフォームとして利用する(PDFによる間接法)

0

ArchiCADで作成した図書以外でも、個別詳細図やワークシートに読み込みそれをレイアウトしてArchiCADから印刷機能を利用してまとめて出力します。作法087の直接法に対して、一度「個別詳細図」や「個別ワークシート」の2Dフィールドに図面ツール(ArchiCADSoloにはありません)で読み込み、そのままの縮尺でレイアウトに張り付けたり、縮尺を変えて張り付けたりします。直接法よりも、内容の管理がし易く、縮尺も簡単に変更可能です。ただし、この場合の縮尺はあくまで読み込み元のPDFの縮尺が元になることに注意する必要があります。  Read more


ArchiCADを図書発行のプラットフォームとして利用する(PDFによる直接法)

0

ArchiCADで作成した図書以外でも、PDFデータとしてArchiCADデータと共にArchiCADからまとめて出力すると、ドキュメント管理が楽になります。図書を発行する場合に、書類や図面毎に印刷するソフトを個別に起動して印刷するのは手間と時間がかかります。そこで、ArchiCADの印刷機能を利用して一度に全ての図書を発行する方法として、ArchiCAD以外の書類をPDFで取り込みます。その場合に、図面のようなものは、縮尺を正確にする為に用紙サイズを統一してインポートします。 Read more