ワークシート のカテゴリー

特記事項や凡例の記載方法

0

 

確認申請等で記載する特記事項や凡例類は、どのような方法があるでしょうか?

色々な方法があると思いますが、ここでは凡例用のワークシートを作り、テンプレートに組み込む方法をご紹介します。テンプレートに組み込むことで、常に特記事項類が記載された状態でスタートできます。

1.ワークシートを新規作成

ポップアップナビゲータを開き、プロジェクト一覧のワークシートで右クリック→「新規個別ワークシート」で「凡例・特記事項」を作成します。

1

2

2.凡例や特記事項を作図

ラインツールやテキストツールで凡例や特記事項を作図します。

作図が終わったら、「ワークシートタブ」を右クリック→「ビューとして保存」でビューに登録します。

3

4

※「ファイル」→「相互運用性」→「結合」を使って、DXF等のファイルを読み込むこともできます。

5

3.レイアウトブックへの配置

まずは、レイアウトブックを用意します(今回は平面図)。

※既に平面図のビューを配置してあります。

6

「図面ツール」を選択し、内部ビュー「凡例・特記事項」を配置します。

7

8

5.配置図面(凡例・特記事項)調整

配置した図面の調整を行います。配置された図面を選択し、右クリック→「選択した図面の設定」を開き、以下の調整を行い、位置を調整します。

・サイズと表示:スケールまたは拡大率で調整します。

9

・枠:枠を図面に合せる

10

・タイトル:タイトル無し

11

12

6.テンプレート保存

レイアウトブックに凡例が配置された状態のテンプレートを保存します。

13

新規作成時にこのテンプレートを使用すると、凡例が配置された状態で使用できるようになります。

14

平面図完成時のレイアウトブック

15



ArchiCADを図書発行のプラットフォームとして利用する(PDFによる間接法)

0

ArchiCADで作成した図書以外でも、個別詳細図やワークシートに読み込みそれをレイアウトしてArchiCADから印刷機能を利用してまとめて出力します。作法087の直接法に対して、一度「個別詳細図」や「個別ワークシート」の2Dフィールドに図面ツール(ArchiCADSoloにはありません)で読み込み、そのままの縮尺でレイアウトに張り付けたり、縮尺を変えて張り付けたりします。直接法よりも、内容の管理がし易く、縮尺も簡単に変更可能です。ただし、この場合の縮尺はあくまで読み込み元のPDFの縮尺が元になることに注意する必要があります。  Read more


ArchiCADを図書発行のプラットフォームとして利用する(PDFによる直接法)

0

ArchiCADで作成した図書以外でも、PDFデータとしてArchiCADデータと共にArchiCADからまとめて出力すると、ドキュメント管理が楽になります。図書を発行する場合に、書類や図面毎に印刷するソフトを個別に起動して印刷するのは手間と時間がかかります。そこで、ArchiCADの印刷機能を利用して一度に全ての図書を発行する方法として、ArchiCAD以外の書類をPDFで取り込みます。その場合に、図面のようなものは、縮尺を正確にする為に用紙サイズを統一してインポートします。 Read more