複合壁 のカテゴリー

木造の平面詳細図、一般図の作成時の注意点

0

壁内の柱輪郭ラインの表示をさせるには?

壁内に存在する木造の柱は、RC造のように壁や梁と包絡して接続することはありませんので少し注意が必要です。

A-01

平面詳細図(1/50程度)の図面を作成する時は壁を複合構造で作成し、壁内に柱、間柱を柱ツールで配置します。

A-02

ビルディングマテリアルの「交差の優先度」を見ると、柱と間柱(BM-65 木材・軸組材)が断熱材(BM-31 断熱材-グラスウール)より強いことがわかります。

これにより干渉する部分の勝ち負けが決定され、柱と間柱の隙間部分に断熱材が充填されているような表現が可能になります。

 

A-03

 

この図面を元にした一般図(1/100)へのビュー登録時に柱の輪郭が表示出来なくて困られたことはありませんか?

A-04

 

これは[表現の上書きセット]で「白抜き平面用」を選択して1/100平面図の壁を表現する時のルールの中で、複合構造の壁の分離線が「なし」になるのと同時に、柱と壁(断熱材)の包絡部分の分離線も非表示になってしまうことから起こります。

 

A-05

ではどうすればよいのでしょうか。

壁と柱の干渉部分を交差させずに独立させておけば良いのです。

交差はレイヤーの同じ番号のグループ内でしかおこりません。デフォルトでは全てのレイヤーが「グループ 1」ですのでビルディングマテリアルの優先度に従って相互に交差(接続)されます。これを回避するためには異なるレイヤーの[交差グループ番号]を与えます。そうすれば柱と壁(断熱)との干渉部分に接続がおこらないため分離線が発生せず柱は独立して表示されることが可能になります。

A-06

 

 

このようにビュー登録する図面によって交差させたい時とさせたくない時がある場合は、レイヤーセット内の[交差グループ番号]を切り替えて作っておくと様々な図面表現が可能になります。


断面形状、複合構造にビルディングマテリアルを設定してみましょう

0

前回の「ArchiCAD 17のビルディングマテリアルとは?」から発展させて、断面形状、複合構造にビルディングマテリアルを設定してみましょう。

ビルディングマテリアルを使うと下図のように梁、壁、スラブ間で躯体は包絡し、断熱やボードの部分は包絡しないといったような表現が簡単に作成できます。

 

梁は断面形状、スラブ・壁は複合構造を利用していますが、すべてにビルディングマテリアルが使用されているため一貫したルールでモデリングが行えるようになっています。

Read more


複合構造を「一枚で入れるか、分けて入れるか」

0

ArchiCADでは壁・スラブ・屋根・シェルなどの構成要素に「複合構造」という属性を設定できます。つまり、一つの要素に予め設定した複数の層を割り当て、実施設計図などで躯体・外部仕上・内部仕上などを表現することができます。

壁などの各層を一括入力できるので、作業効率をアップさせることができますが、一つだけ注意が必要な点があります。複合構造の各層は途中で止めることはできません。

Read more



複合構造壁の交差と包絡の表現を変えるには

0

壁の「仕上げ優先度を有効化」を「オフ」にすると、同種の複合構造壁は後から描く壁が包絡されずに勝ち(先に書いた壁が切断される)「オン」で包絡されます。壁の情報ボックス→平面図と断面図→構造→「仕上げ優先度を有効化」のチェックを外して複合壁をを描くと、同種の複合壁どうしは、後から描く壁が勝って(先に書いた壁が切断される)描かれます。チェックを戻すと包絡します。図面によって使い分けると良いです。 Read more


新しい複合構造を既存の壁を元にして簡単に作成

0

既存の壁の属性を取得し、オプション→属性設定→複合構造コマンドで、既存の壁を素早く直接編集する複合構造の編集パレットは、「現在情報ボックスで選択している壁」を最初に表示するので、編集中の図の中に必要な複合構造に近い構成の壁があれば、それから属性を取得して、「複合構造」コマンドで編集すると、簡単に出来ます。 Read more


構造体(木、鉄骨造)と複合構造壁の入力の仕方

0

構造体(木、鉄骨造)と複合構造壁の入力の仕方は、複合構造壁に構造体スペースを作り、柱梁の構造体と重ねて入力する複合構造壁の中に、構造体を入れる為の、属性が「空洞」で厚さが構造体サイズの層を設け、その中に重ねて構造体を入力する。壁は、最初は空白壁で入力し、実施設計時に複合構造壁と入れ替えても良い。 Read more