ホットリンク のカテゴリー

高さの異なる複数の建物を表現する方法

0

 

一戸建ての分譲地や傾斜地に建物を作成する場合、どのような方法があるでしょうか?
フロア高さを細かく分割したり、壁の高さ等を調整したりする方法は、2棟程度であれば対応できると思いますが、それ以上となると現実的な方法とは言えません。

最も合理的な方法と思われるのは、各建物モデルを別のプロジェクトで作成し、別に用意した敷地モデルに[ホットリンク]で貼り付ける方法です。

[ホットリンク]は、各建物モデルの高さを保ったまま読み込めるので、異なるフロア高さの建物を同一敷地に表現が出来ます。また、読み込み時に配置高さを指定できるので、傾斜地の表現が容易です。

 

1.各建物モデルの作成

建物モデルを別々に作成し、それぞれのプロジェクトファイルに保存します。

 

2.敷地モデルの作成

1)[メッシュツール]で1FL平面図に道路と傾斜地盤を作成します。

 

2)各住戸の水平地盤を[スラブツール]で入力します。

 

3)傾斜地の面に合せてスラブレベルを調整します(立面図等で移動すると簡単です)。

 

4)ソリッド編集で傾斜地盤の水平地盤より上部をカットします。

[デザイン]→[ソリッド編集]を選択し、傾斜地盤をクリックし[ターゲット要素を取得]をクリックして、図形選択を解除。次に、スラブを全て選択し[オペレータ要素を取得]をクリックし、図形選択を解除し、[操作を選択:上方向へ減算]を選択し、[実行]をクリックします。

 

5)[高度寸法ツール]で水平地盤面をクリックし、各地盤面の高さを表記します。
※スラブをクリックするだけです。

 

3.ホットリンクによる建物モデルの配置

1)[ファイル]→[外部参照]→[ホットリンクを配置]を選択し、[モジュールを選択]をクリックします。

 

2)[新規モジュール]→[ファイルから]を選択し、建物モデルをひとつ選択します。

 

3)[フロアを選択]で[全てのフロア(モデル全体)]を選択し[OK]をクリックします。

 

4)[このプロジェクトで使用できるホットリンクモジュール]に建物が割り付けられるので[選択]をクリックします。

 

5)[追加オフセット]に水平地盤面の高さ=高度寸法線の数値を入力し
[ホットリンクを配置]をクリックします。

 

6)[フロアの調整]で [OK]をクリックします。
※敷地モデルの1FL(500)と建物モデルの1FL(500)をリンクさせます。
このままだと基礎が埋まってしまうので、追加オフセットで上方向に調整しています。

 

7)ホットリンクが仮配置されるので、クリックして配置します。

  

 

8)続けて、1)以下の作業を建物毎に繰り返します。2度目からは、[モジュールを変更]にメニューが変わります。[追加オフセット]は各水平地盤の高さに変更して配置します。

 



4.建物モデルの更新

建物モデルはプロジェクトファイルが分かれているので、それぞれ設計変更が出来ます。

建物モデルが修正されると、[ファイル]→[外部参照]→[ホットリンクマネージャー] の[ホットリンクソース]のステータスが[修正]に変わります。

ホットリンクは自動更新ではないので、ステータスが [修正]になっているものを選択し、[更新]をクリックすると最新の状態に更新されます。


階高の違うモデルをホットリンクで配置する

1

それぞれ別に作成したモデルをホットリンクで同一ファイルに配置する場合、フロア設定が同じであるかどうかによって挿入時の方法が異なります。

フロア設定(階高)が違う場合、ホットリンクを挿入するファイル(ホストファイル)とホットリンクで配置するファイル(ソースファイル)間で高さを調整する必要があります。

Read more