ビルディングマテリアル のカテゴリー

[鉄骨ALC造]ALCパネル割付をモデルと図面へ連動させる方法

0

ALCパネルの割付を考える時、モデルと図面の両方に連動して表現出来れば作業が
非常に効率化されるのではないでしょうか。
実務での考え方に沿った目地の検討が可能になります。

今回はALC縦壁ロッキング工法の外壁モデルを例に、各図面への表現方法をお教えします。
ビルディングマテリアルの交差の優先度を利用することがポイントです。

 

①ALCの外壁を壁ツールで入力します。各フロアで分割せず1枚の壁として入力します。1FLでの入力時に壁上部を「最高高さ」とリンクさせ、平面図と断面図パネルの平面図表示の表示フロアを「関連フロア全て」に変更します。

壁のビルディングマテリアルは「BM-10 ALCパネル」(交差の優先度740)とします。

[構造と表現]では「*ALC(600)目地無し」を選択します。

これは平面図と断面図でALCの切断面の表記が@600になるように作成しています。設定は下図を参考にして下さい。(コンクリート-軽量2を複製して作成しています)

②目地(空洞部分)を様々な目地幅に対応出来るよう、断面形状で作成します。
ビルディングマテリアルはBM-66一般(交差の優先度999)を使います。
ALCパネルより交差の優先度を高くしておきます。モデルと立面図の表示では入力した目地を非表示にしますので隙間が発生します。隙間を埋めるためにシール部材を別に断面形状で作成します。作り方は下図を参考にして下さい。

断面形状の登録は下記の4種類になります。
それぞれの使用項目を 縦部材は「柱」、横部材は「梁」で登録します。

③1FLを表示し、柱ツールで縦方向の目地を入力します。
登録した断面形状「*ALC目地(縦)」の幅を0.1㎜の設定にし、ALCパネルの割付をします。伸縮目地は幅20㎜の設定で入力します。レイヤは「*目地(縦)」とします。
伸縮目地は同じ位置に「*ALC目地(縦)シール」も入力します。レイヤは「*目地(縦)シール」とします。
(※目地とシールはレイヤを分けておきます)

④断面図で高さ方向のALCパネルの割付をし、梁ツールでモデルに横目地を入力します。
断面形状は「*ALC目地(横)」を選択し、レイヤは「*目地(横)」とします。
(※横目地はフロアごとに入力します)

同様に横目地のシールも入力します。
断面形状は「*ALC目地(横)シール」を選択し、レイヤは「*目地(横)シール」とします。

⑤モデルを確認します。
「*目地(横)」「*目地(縦)」レイヤを非表示にし、
「*目地(横)シール」「*目地(縦)シール」レイヤを表示にします。
非表示の目地部分は交差の優先度がALCパネルより高いため、ALCパネルは欠損した状態で表示されます。

⑥同じレイヤの状態で立面図を見ると、欠損した目地部が輪郭線となり、ALCパネルに目地のラインが表示されます。この方法なら窓と干渉する目地は非表示なので影響を及ぼさず、開口部ごとに目地をカットする必要がありません。

各図面のレイヤセットの表示は下図を参考にして下さい。
「*目地(横)シール」「*目地(縦)シール」レイヤの包絡グループは番号を変更し、シールだけで包絡が完結するようにします。

 


木造の平面詳細図、一般図の作成時の注意点

0

壁内の柱輪郭ラインの表示をさせるには?

壁内に存在する木造の柱は、RC造のように壁や梁と包絡して接続することはありませんので少し注意が必要です。

A-01

平面詳細図(1/50程度)の図面を作成する時は壁を複合構造で作成し、壁内に柱、間柱を柱ツールで配置します。

A-02

ビルディングマテリアルの「交差の優先度」を見ると、柱と間柱(BM-65 木材・軸組材)が断熱材(BM-31 断熱材-グラスウール)より強いことがわかります。

これにより干渉する部分の勝ち負けが決定され、柱と間柱の隙間部分に断熱材が充填されているような表現が可能になります。

 

A-03

 

この図面を元にした一般図(1/100)へのビュー登録時に柱の輪郭が表示出来なくて困られたことはありませんか?

A-04

 

これは[表現の上書きセット]で「白抜き平面用」を選択して1/100平面図の壁を表現する時のルールの中で、複合構造の壁の分離線が「なし」になるのと同時に、柱と壁(断熱材)の包絡部分の分離線も非表示になってしまうことから起こります。

 

A-05

ではどうすればよいのでしょうか。

壁と柱の干渉部分を交差させずに独立させておけば良いのです。

交差はレイヤーの同じ番号のグループ内でしかおこりません。デフォルトでは全てのレイヤーが「グループ 1」ですのでビルディングマテリアルの優先度に従って相互に交差(接続)されます。これを回避するためには異なるレイヤーの[交差グループ番号]を与えます。そうすれば柱と壁(断熱)との干渉部分に接続がおこらないため分離線が発生せず柱は独立して表示されることが可能になります。

A-06

 

 

このようにビュー登録する図面によって交差させたい時とさせたくない時がある場合は、レイヤーセット内の[交差グループ番号]を切り替えて作っておくと様々な図面表現が可能になります。


躯体に食い込んだゾーンやスラブの塗りつぶしの包絡

0

躯体に食い込んだ塗りつぶしの包絡

平面図にて、ゾーンの手動入力やスラブの表面塗りつぶし設定を行うと
壁や柱の形状に塗りつぶしが食い込んでしまいます。
表示順序を変更しても状況は変わりません。

・ゾーン塗りつぶしが食い込んだ例
1

これには理由があります。
壁や躯体の「切断塗りつぶし」を管理しているのは
ビルディングマテリアルです。
デフォルトテンプレートでは、
ビルディングマテリアルの背景色が透明に
設定されているため、塗りつぶしが壁や柱に食い込んでしまうのです。

2

 

解決方法

1.オプション→属性設定→ビルディングマテリアルを開きます。

3

 

2.使用しているビルディングマテリアルを選択します。

4

 

3.切断塗りつぶしの背景色を「白:ペンNO19」に変更します。

5

 

4.ゾーン塗りつぶしが包絡されました。

6
※ペンNO19は各オブジェクトに設定されている背景ペンNOです
(この設定によりゾーンや塗りつぶしがあってもオブジェクトは包絡表現されます)。
グレースケール2等に切り替える際にはペンNO19の色を白に変更する必要があります。



優先度ベースの接続

0

ArchiCAD 17からは要素間の包絡と勝ち負けを決める「優先度ベースの接続」の考え方が新しく導入されました。優先度ベースの接続の中でもっとも重要なのは、「交差の優先度」の情報を持つ「ビルディングマテリアル」です。

今回の説明で使用したサンプルファイルはこちらからダウンロードして頂けます。

Read more


断面形状、複合構造にビルディングマテリアルを設定してみましょう

0

前回の「ArchiCAD 17のビルディングマテリアルとは?」から発展させて、断面形状、複合構造にビルディングマテリアルを設定してみましょう。

ビルディングマテリアルを使うと下図のように梁、壁、スラブ間で躯体は包絡し、断熱やボードの部分は包絡しないといったような表現が簡単に作成できます。

 

梁は断面形状、スラブ・壁は複合構造を利用していますが、すべてにビルディングマテリアルが使用されているため一貫したルールでモデリングが行えるようになっています。

Read more