作図補助機能 のカテゴリー

高さの異なる複数の建物を表現する方法

0

 

一戸建ての分譲地や傾斜地に建物を作成する場合、どのような方法があるでしょうか?
フロア高さを細かく分割したり、壁の高さ等を調整したりする方法は、2棟程度であれば対応できると思いますが、それ以上となると現実的な方法とは言えません。

最も合理的な方法と思われるのは、各建物モデルを別のプロジェクトで作成し、別に用意した敷地モデルに[ホットリンク]で貼り付ける方法です。

[ホットリンク]は、各建物モデルの高さを保ったまま読み込めるので、異なるフロア高さの建物を同一敷地に表現が出来ます。また、読み込み時に配置高さを指定できるので、傾斜地の表現が容易です。

 

1.各建物モデルの作成

建物モデルを別々に作成し、それぞれのプロジェクトファイルに保存します。

 

2.敷地モデルの作成

1)[メッシュツール]で1FL平面図に道路と傾斜地盤を作成します。

 

2)各住戸の水平地盤を[スラブツール]で入力します。

 

3)傾斜地の面に合せてスラブレベルを調整します(立面図等で移動すると簡単です)。

 

4)ソリッド編集で傾斜地盤の水平地盤より上部をカットします。

[デザイン]→[ソリッド編集]を選択し、傾斜地盤をクリックし[ターゲット要素を取得]をクリックして、図形選択を解除。次に、スラブを全て選択し[オペレータ要素を取得]をクリックし、図形選択を解除し、[操作を選択:上方向へ減算]を選択し、[実行]をクリックします。

 

5)[高度寸法ツール]で水平地盤面をクリックし、各地盤面の高さを表記します。
※スラブをクリックするだけです。

 

3.ホットリンクによる建物モデルの配置

1)[ファイル]→[外部参照]→[ホットリンクを配置]を選択し、[モジュールを選択]をクリックします。

 

2)[新規モジュール]→[ファイルから]を選択し、建物モデルをひとつ選択します。

 

3)[フロアを選択]で[全てのフロア(モデル全体)]を選択し[OK]をクリックします。

 

4)[このプロジェクトで使用できるホットリンクモジュール]に建物が割り付けられるので[選択]をクリックします。

 

5)[追加オフセット]に水平地盤面の高さ=高度寸法線の数値を入力し
[ホットリンクを配置]をクリックします。

 

6)[フロアの調整]で [OK]をクリックします。
※敷地モデルの1FL(500)と建物モデルの1FL(500)をリンクさせます。
このままだと基礎が埋まってしまうので、追加オフセットで上方向に調整しています。

 

7)ホットリンクが仮配置されるので、クリックして配置します。

  

 

8)続けて、1)以下の作業を建物毎に繰り返します。2度目からは、[モジュールを変更]にメニューが変わります。[追加オフセット]は各水平地盤の高さに変更して配置します。

 



4.建物モデルの更新

建物モデルはプロジェクトファイルが分かれているので、それぞれ設計変更が出来ます。

建物モデルが修正されると、[ファイル]→[外部参照]→[ホットリンクマネージャー] の[ホットリンクソース]のステータスが[修正]に変わります。

ホットリンクは自動更新ではないので、ステータスが [修正]になっているものを選択し、[更新]をクリックすると最新の状態に更新されます。


[断面形状のカスタム形状変更]を利用して、厚みに可変性のある複合の壁を作ってみよう

0

ARCHICAD 22の新機能[断面形状のカスタム形状変更]は、複合構造の各層の壁厚を可変させることが可能です。複合構造の壁で実施設計を進めていくと、同じ材質の組み合わせの壁でもいろいろなバリエーションが必要になります。今までは各層の厚みが変われば、新たに複合構造を作成し、別の名前での登録が必要でした。これを[断面形状]の編集の中でパラメトリックエッジを定義することにより、1つの登録で形状変更することが可能になり、作業効率が大幅に改善されました。

では、下記の複合構造の壁「壁:PB12.5(LGS45)」を使って厚みの変更が可能な壁を作成してみましょう。(ARCHICAD22テンプレートで登録されているものです)

まず、図面内に配置した 「壁:PB12.5(LGS45)」 を選択した状態で

[オプション]>[断面形状]>[断面形状マネージャー] ダイアログボックスを開きます。

[取得]ボタンをクリックすると断面形状を編集するためのタブが作成され、作業ウィンドウが切り替わります。

[保存]ボタンをクリックし、「壁:PB12.5(LGS45)(形状変更)」と名前を付けます。

 [形状変更]パネルの③をクリックし[新しい断面形状の形状変更]ダイアログで

「仕上厚A」という名前を付けます。

[形状変更]パネルの[オフセットの寸法を追加]ボタンをクリックします。

⑤オフセットする辺をクリックします。

⑥カーソルをドラッグします。

(形状変更のパラメータ名が表示されますので、その寸法線をドラッグします)

⑦基準となる位置のポイントまでカーソルをドラッグし、クリックして円を表示させます。

⑧寸法の起点と方向が表示されますので記号を配置したい位置でクリックします。

反対側の仕上も同様に③から⑧の操作を行い「仕上厚B」を作成します。

躯体のLGSの寸法は、「公称幅」の値(全厚)が変化すると「幅ストレッチ」の指定範囲によりこの部分の厚みだけが変化します。これで3層の壁厚全てが変更可能な状態になります。最後に [保存] し [適用] をクリックします。

では、実際に厚みを変更してみましょう。

登録した断面形状の壁を選択し [選択した壁の設定] ダイアログを表示します。

[断面形状のオフセット形状変更] パネルの中に「仕上厚A」「仕上厚B」が登録され、厚みの数値が入力可能になっています。厚みを「ゼロ」とすることも可能ですので片面仕上げのパターンも可能です。


斜線鳥かご3Dの作成方法

0

計画初段階で斜線の鳥かごが3Dで確認できるとボリュームがつかみやすくなります。

敷地条件は以下のような内容、建物は2階建てを想定しています。

1.[デザイン]→[フロアの設定]でGLを±0に設定します。

2.[GL]フロアを表示し、 [メッシュツール]で敷地と道路を作成します。

※道路の材質を[材質上書き]で異なる材質に変更すると境界がわかりやすくなります。

3.[3Dタブ]右クリック→[3Dスタイル]→[OGベーシック]に切り替えて、輪郭線を表示します。

4.[モルフツール]で適合モデルを作成します。ビルディングマテリアルはガラス-青に設定します。図形作成方法はポリゴンに設定し入力します。※敷地内にカーソルを置いて、Spaceキーを押しながら左クリックするとマジックワンドで敷地がトレースできます。

5.3D上でモルフ面を選択し、[ペットパレット:プッシュプル]で座標[10000]と入力します。

6.道路斜線を[屋根ツール]で作成します。勾配は125%、ビルディングマテリアルはガラス-透明に設定します。図形作成方法は、単一、回転矩形で入力します。反対側の道路境界線で屋根の回転軸を設定し入力します(後退緩和を使用する場合は、後退位置を考慮して入力します)。

7.高度斜線を入力します。高度斜線は真北方向と敷地辺の方向が異なるため[屋根ツール]ではなく[モルフツール]を使って、GL±0と10mを結ぶモルフ線とモルフ面で表現します。

8.半径8333.3の円を敷地頂点に作成します。

9.方位記号の北、南、敷地頂点にスナップガイドを表示させます。

※カーソルを置いて0.5秒で表示されます。

10.[モルフツール]のビルディングマテリアルを[ガラス-透明]に設定します。敷地頂点から方位角度に平行なスナップガイドが表示されるので、スナップガイドと円の交点を[モルフツール]でモルフ線を入力します。

11.モルフ線を選択し、敷地頂点(モルフ線の中点位置)で、ペットパレット[移動]+Ctrlでその他の頂点にコピーします。

12.3Dを表示し、作成したモルフ線の水上側の節点で、ペットパレット[頂点を移動]で垂直角度上の距離:10000に移動します。

13.その他のモルフ線も同様に頂点を移動します。

14.3D上でモルフ線の頂点を結ぶようにモルフ面を作成します。

15.[デザイン]→[ソリッド編集]を開きます。適合モデルを選択し[ターゲット要素を取得]をクリックして選択を解除、道路斜線、北側斜線を選択し[オペレータ要素を取得]をクリックし選択を解除、[操作を選択:上方向へ減算]をクリックします。

16.道路斜線(屋根)、高度斜線(モルフ線及び面)のレイヤーを[オペレータ]に変更します。

※オペレータレイヤーはデフォルトのレイヤーセットではオフになります。

17.[GL]フロアで、[壁ツール]で壁を入力し、各フロアにコピーします。壁がモルフで隠れる場合は、モルフを選択し、右クリック→[表示順序]→[一番下に表示]に設定します。

18.[2FL]フロアを開き、[ドキュメント]→[平面図の切断面]を開きます。現状はFL+1100の位置で切断されています。切断高さを階高(3000)に変更すると、斜線制限より外壁が外側にあり、母屋下げが必要であることが確認出来ます。

更に、壁をソリッド編集のターゲットに設定すれば、斜線に沿った壁に編集することも出来ます。


2つの相対座標入力について

0

2つの相対座標入力について

最近のARCHICADのデフォルト作業環境では[スナップガイド]機能がオンになっていて、古くからのユーザーは、[カーソル]の位置が編集原点となる相対座標入力をしているのか、[スナップガイド]の青い輪が編集原点となる相対座標入力をしているのか、混乱してしまうことがあるかと思います。

ここでは2つの相対座標入力の操作の違いを整理してみたいと思います。

 

・ツールバーにある[スナップガイド]機能のオン・オフボタン。オンの場合、2つの相対座標入力が行えます。オフの場合は[カーソル]の位置が.編集原点となる相対座標入力になります。

1

A:[カーソル]の位置が編集原点となる相対座標入力

 

① 例えば、編集原点としたい壁の基準線端部に[カーソル]を合わせて[✓(チェックマーク)]を

表示します。この時に表示してしまう青い輪のスナップガイドは気にせずそのままにしておきましょう。

2

② ✓]を表示した状態でマウスから手をはなします。

 

③ 両手でキーボード操作ができるようになりますので、壁入力の1点目を指示するため、

例として、まずは[X]キーを押して「1500」、「+」を押し、続いて[Y]キーを押して「1500」、「+」を押します。

3

④ 最後に「Enter」キーを押すと、壁入力の1点目を指示します。

4

・ここでの座標入力操作のポイントは次になります。

・手順②の[✓(チェックマーク)]を表示すればマウスから手をはなしても良い。

・座標軸の方向を示すため数値の後に必ず「+」または「-」を入力する。

 

B:[スナップガイド]の青い輪が編集原点となる相対座標入力

 

① 例えば、編集原点としたい壁の基準線端部に[カーソル]を合わせて青い輪の[スナップガイド]を表示します。※ショートカットはアルファベットの[Q]です。繰り返し押すことでオン・オフできます。

5

② 青い輪の[スナップガイド]の中心点からマウスを右側に動かすと、青い点線の[スナップガイド]が引き出されます。この青い点線の上にカーソル(三又)をのせると座標情報を表示します。

カーソルをのせていないと座標情報は表示されません。

③ [三又]カーソルを表示した状態でマウスから手をはなし、壁入力の1点目を指示するため、

例としてまずは[X]キーを押して「1500」を押し、続いて[Y]キーを押して「1500」を押し、最後に「Enter」キーを押します。プラス方向の座標の場合「+」キーを押す必要はありません。

6

7

・ここでの座標入力操作のポイントは次になります。

 

・手順②の例のように、青い輪の[スナップガイド]の中心点からマウスを右側に動かすことで、

プラス方向を指示している。マウスを動かす方向でプラスとマイナス方向を指示することができる。

 

・カーソル(三又)を青い点線の[スナップガイド]上にのせていないと座標情報を表示しない。

 

・座標軸のプラス方向を示す場合は、必ずしも「+」キーを押して方向を指示する必要は無く、

マイナス方向の場合のみ数値の前後に「-」キー押して方向を指示する必要がある。

 

・青い輪の[スナップガイド]は、次のステップの操作をしない限り消えない。

8

どちらの方法が優れているという事ではありませんが、個人的には方向をあまり気にせず、直観的に操作ができる[スナップガイド]を最近では多様するようになりました。


木造の平面詳細図、一般図の作成時の注意点

0

壁内の柱輪郭ラインの表示をさせるには?

壁内に存在する木造の柱は、RC造のように壁や梁と包絡して接続することはありませんので少し注意が必要です。

A-01

平面詳細図(1/50程度)の図面を作成する時は壁を複合構造で作成し、壁内に柱、間柱を柱ツールで配置します。

A-02

ビルディングマテリアルの「交差の優先度」を見ると、柱と間柱(BM-65 木材・軸組材)が断熱材(BM-31 断熱材-グラスウール)より強いことがわかります。

これにより干渉する部分の勝ち負けが決定され、柱と間柱の隙間部分に断熱材が充填されているような表現が可能になります。

 

A-03

 

この図面を元にした一般図(1/100)へのビュー登録時に柱の輪郭が表示出来なくて困られたことはありませんか?

A-04

 

これは[表現の上書きセット]で「白抜き平面用」を選択して1/100平面図の壁を表現する時のルールの中で、複合構造の壁の分離線が「なし」になるのと同時に、柱と壁(断熱材)の包絡部分の分離線も非表示になってしまうことから起こります。

 

A-05

ではどうすればよいのでしょうか。

壁と柱の干渉部分を交差させずに独立させておけば良いのです。

交差はレイヤーの同じ番号のグループ内でしかおこりません。デフォルトでは全てのレイヤーが「グループ 1」ですのでビルディングマテリアルの優先度に従って相互に交差(接続)されます。これを回避するためには異なるレイヤーの[交差グループ番号]を与えます。そうすれば柱と壁(断熱)との干渉部分に接続がおこらないため分離線が発生せず柱は独立して表示されることが可能になります。

A-06

 

 

このようにビュー登録する図面によって交差させたい時とさせたくない時がある場合は、レイヤーセット内の[交差グループ番号]を切り替えて作っておくと様々な図面表現が可能になります。


躯体に食い込んだゾーンやスラブの塗りつぶしの包絡

0

躯体に食い込んだ塗りつぶしの包絡

平面図にて、ゾーンの手動入力やスラブの表面塗りつぶし設定を行うと
壁や柱の形状に塗りつぶしが食い込んでしまいます。
表示順序を変更しても状況は変わりません。

・ゾーン塗りつぶしが食い込んだ例
1

これには理由があります。
壁や躯体の「切断塗りつぶし」を管理しているのは
ビルディングマテリアルです。
デフォルトテンプレートでは、
ビルディングマテリアルの背景色が透明に
設定されているため、塗りつぶしが壁や柱に食い込んでしまうのです。

2

 

解決方法

1.オプション→属性設定→ビルディングマテリアルを開きます。

3

 

2.使用しているビルディングマテリアルを選択します。

4

 

3.切断塗りつぶしの背景色を「白:ペンNO19」に変更します。

5

 

4.ゾーン塗りつぶしが包絡されました。

6
※ペンNO19は各オブジェクトに設定されている背景ペンNOです
(この設定によりゾーンや塗りつぶしがあってもオブジェクトは包絡表現されます)。
グレースケール2等に切り替える際にはペンNO19の色を白に変更する必要があります。


屋根による要素編集

0

【屋根による要素編集】

◆屋根を使用するモデルの加工には大きく「クロップ」「切り取り」「ソリッド編集」の3種類の方法があります。
今回はそれぞれの特徴をご紹介したいと思います。

◆検証モデル

001

まずこのように各ツールで作られた壁の様なモデルを作成し、それらを貫通するように屋根を配置してあります。
ビルディングマテリアルは共通で優先度997とし、材質上書きにより色分けしてあります。
では3種類の方法で加工を行ってみたいと思います。

◆クロップ

1.全ての要素を選択しコンテキストメニュー(右クリック)から「単一平面屋根までクロップ」→「要素上部をクロップ」→「クロップ」として実行します。

2.ゾーンについては同様に「ゾーンをクロップ」というのがありますので、そちらで行います。

002

 

 

3.クロップ後のモデルです。要素によってクロップできるものと、できないものがあることがわかります。

003

4.クロップされた要素については全て屋根の下面で切り取られます。

004

5.カーテンウォール(以下CW)についてはクロップの時のみ境界フレームが作成されます。

 

005

6.クロップを解除するには要素を選択しコンテキストメニューから「全てのクロップを元に戻す」で行います。

006

 

7.CWには「全てのクロップを元に戻す」機能がありません。
これはクロップされたCWが屋根によって切り取られたのではなく、CWのスキーム境界を編集することでモデルを加工しているためです。
そのためCWを元に戻すには3Dの「CW編集」でスキームを編集する必要があります。

007

 

 

◆切り取り

1.全ての要素を選択しコンテキストメニューから「接続」→「屋根/シェルで要素を切り取り」→「切り取り」として実行します。

008

 

 

2.切り取り後のモデルです。全ての要素が切り取られていますが、屋根の輪郭範囲で切り取られています。

009

 

3.これには屋根/シェル特有の「切り取りボディ」が関係しています。
メニューから「表示」→「表示オプション」→「切り取りボディ」として確認してみます。

010

 

屋根の輪郭の下部に半透明の赤い「切り取りボディ」が表示されます。
この範囲内で要素が切り取られるということになります。

※「切り取りボディ」は屋根/シェルの設定ダイアログで範囲を変更できます。

4.他に「切り取り」の特徴としてはビルディングマテリアルによる「交差の優先度」があります。
先ほどの画像でもすでに屋根の上面までいくつかの要素が達しているのがわかりますが、ここで屋根の優先度を上げてみます。

011

 

すると屋根の上面には他の要素が表示されなくなりました。
このように「切り取り」ではビルディングマテリアルが影響していることがわかります。

5.これらの「切り取り」を解除するには要素を選択し、表示される「接続アイコン」をクリックして、更に表示される要素IDの右側にある「×」をクリックします。

012

 

 

◆ソリッド編集

1.加工したい全ての要素を選択しコンテキストメニューから「接続」→「ソリッド編集」としてパレットを開き、それらをターゲット、屋根をオペレータとして「上方向へ減算」として実行します。

013

 

 

014

 

2.ソリッド編集後のモデルです。全ての要素が屋根の下面から上方向へ減算されています。

015

※屋根のビルディングマテリアルを変更しても「交差の優先度」の影響はありません。

◆屋根の変更

最後に要素の加工後に屋根の変更を行った場合の影響についてご紹介したいと思います。
ご紹介した3種類の加工後に屋根の位置を変更してみます。

1.「クロップ」は屋根がどこに移動してもクロップされた要素にはまったく影響がありません。
これはクロップ後の屋根と他の要素の連動性が無いことを意味します。よって、屋根を削除しても残された要素はクロップされた形状を維持します。

016

 

2.「切り取り」では屋根の移動とともに「切り取りボディ」も移動するので切り取られる範囲が変わります。
これは切り取り後の屋根と他の要素に連動性があることを意味します。

017

3.「ソリッド編集」も同様に加工後はターゲットとオペレータには連動性がありますが、切り取りボディの様な範囲の制限がありません。
双方の連動性は要素が離れていても接続を解除しないかぎり続き、交差すると選択された操作を実行します。

018

◆長くなってしまいましたが、ご紹介した特徴を理解しているかどうかでモデリングの効率や、図面の詳細化にも影響が出るかと思います。
各要素やフェーズ、図面ごとに適切な加工を心がけましょう。


入力補助機能② Shiftを使わない水平/垂直線の書き方

0

水平/垂直の入力を行う方法として、[shift]キーを押しながら入力する方法が一般的です。しかし、距離の座標入力時には[shift]キーが有効にならないため、カーソルの位置を水平(垂直)にした状態でマウスから一旦手を離して座標入力するか、角度を0度(90度)に指定する必要があります。操作に慣れていないとうまくいかないという方も少なくないと思います。

 

水平方向の壁入力失敗例

いくつかのマウス制御の方法がありますが、ショートカット類を使わずにマウス操作だけで操作出来る方法を2つご紹介します。

水平方向の壁入力失敗例

1

 

いくつかのマウス制御の方法がありますが、ショートカット類を使わずにマウス操作だけで操作出来る方法を2つご紹介します。

 

1.スナップガイドにロック

① 1点目をクリックした後に、マウスを水平に動かします。

2

 

② 右クリックし、[参照線/スナップガイドにロック]を選択します。

3

 

③ ロックした方向(水平方向)にマウスが制御された状態となりますので距離の座標を入力または任意の位置でクリックします。

4

 

 

 

2.制御ボックスパレット(相対組み立て法)

① [ウィンドゥ]>[パレット]>[制御ボックス]を開きます。

※制御ボックスは非表示となっています。

5

 

② 平行固定/垂直固定コマンドを長押しして、平行(または垂直)のアイコンを選択し、有効にします。

6

 

③ マウスカーソルがアイコンの絵に変わるので、参照したい線または既存要素の辺(三又カーソルになる位置)をクリックします。※立面図線や参照線等も参照出来ます。

7

 

④ 基準線に平行(または垂直)な要素を入力します。

8

※要素の入力が終了すると平行固定/垂直固定コマンドは解除されます。連続入力や多角形の入力は辺の単位でアイコンを有効化する必要があります。


入力補助機能① 【要素情報】パレット

0

■要素の計測
ARCHICADでは入力した要素の長さや面積等を、要素の設定ダイアログボックスで確認することができません。一般的な計測方法として、[計測]ツールがありますが、計測したいポイントを再度「入力」するため、計測時に入力ミスが生じることがあります。

[計測]ツールでの入力ミスの例

1

 

しかし、[要素情報]パレットは、[矢印]ツールで要素を選択するだけで、長さや面積等の入力情報を表示することができます。要素単位の長さや面積の計測時には有効なツールです。

[要素情報]パレットでの計測結果

2

 

 

■[要素情報]パレットの使い方

① [ウィンドウ]>[パレット]>[要素情報]を開きます。
3

 

② [情報の内容]から[要素サイズ]のアイコンを選択します。

4

 

③ 計測したい要素を[矢印]ツールで選択します。他の要素を選択すれば、他の要素の情報に内容が変わります。

6

 

※[情報の内容]は複数選択できます。要素特性、平面上面積、要素高さ、要素面積、
要素体積等も表示することができます。

5


駐車ラインのモデリング

0

 

◆外構計画など、敷地上に様々なラインを表示する事がありますが、
その敷地(メッシュ)に起伏がある場合のモデリング方法をご紹介したいと思います。

001

 

◆ラインの作成

1.壁ツールでメッシュに埋め込むように駐車ラインを作成します。

2.車椅子マークやゼブララインは2Dを下書きにポリゴン壁で作成します。

002

 

 

003

※今回は全て壁ツールで作成していますが、スラブツールなどで作成してもかまいません。
よく使用するものはオブジェクトを作成しておくと便利かと思います。

◆メッシュのコピー

1.メッシュを選択し、上方向へ5mm移動したコピーを作成します。

004

2.コピーしたメッシューを選択し、設定ダイアログを開き、組み立て法を「表面」に変更します。
ここではわかりやすいようにビルディングマテリアルも「鉄鋼材」へ変更しています。

005

 

 

006

◆ソリッド編集

1.ソリッド編集機能を使ってラインを切り出します。
まず最初にラインを選択して「ターゲット要素を取得」とします。

007

2.次にソリッドな方のメッシュを選択して「オペレータ要素を取得」とし、操作を「減算」として実行します。

008

3.同様にラインをターゲットとして、今度はコピーしたメッシュを選択して「オペレータ要素を取得」とし、
操作を「上方向へ減算」として実行します。

009

4.コピーしたメッシュのレイヤをオペレータなどの非表示レイヤに変更します。

010

5.確認のためにソリッドなメッシュを非表示にすると、ラインなどのモデルがコピーした分の厚み(5mm)で
切り出されているのがわかります。

011

◆ポイント

1.他の方法としてVIPツールの仕上げツールが考えられますが、この方法だとラインなどの位置が変更になっても
ソリッド編集で使用したメッシュ内であれば起伏に関係なく移動できるので編集が容易になります。

012

 

013