カーテンウォール のカテゴリー

ねじれたカーテンウォール表現

0

ねじれたカーテンウォール表現

カーテンウォールツールは面を傾斜させることは出来ますが、ねじれた面を作成することが出来ません。しかし、ガラス面とフレーム(トランザム、マリオン)に要素を分解し、カーテンウォールツールではなく、それぞれの部材を別ツールで入力することにより簡単に表現することが可能です。今回は3階建の例をご紹介します。

 

1.スラブツールで床を作成します。

1)1FLに床スラブ、RFLに屋根スラブを作成し、1FLで[参照]でRFLを下絵表示します。

 

2.シェルツールでガラス面を入力します。

1)シェルツールのデフォルト設定を以下のように設定します。

・配置フロア:1FL
・ビルディングマテリアル:ガラス青
・厚さ:10mm

2)図形作成法:ルール、組み立て法:詳細に設定します。

3)1FLのシェルの開始点でクリックし、最終点でダブルクリックします。

4)平面と平面との距離:9000と入力します(3階までの階高の合計)。

5)RFLのシェルの開始点でクリックし、最終点でダブルクリックします。

シェルでガラス面が作成できました。

 

3.トランザムやマリオンの分割数に設定します。

[スナップガイドと点]のセレクターを開き、中点→分割、交点間→ノード間に変更し、スナップ点の値で分割数を4に変更します。

4.柱ツールでトランザムを入力します。

1)柱のデフォルト設定を以下のように設定します。

・配置フロア:1FL、柱上部:RFL
・ビルディングマテリアル:金属-アルミニウム
・柱サイズ:80mm×80mm

2)シェルを作成した位置にカーソルを近づけ、分割線の位置に柱を入力します。

3)3Dウィンドウで柱を屋根スラブに接続します。

柱を全て選択し、ペットパレット[角度を修正]で、屋根スラブの辺にカーソルを近づけ、分割線の位置に柱上部の位置を移動します。全ての柱を移動します。

 

5.3Dウィンドウで梁を入力します。

1)梁のデフォルト設定を以下のように設定します。

・ビルディングマテリアル:金属-アルミニウム
・梁高さ:80mm、梁幅:80mm

2)一番左側の梁にカーソルを近づけ、分割線の位置でクリック、一番右側の梁で同様にクリックして梁を配置します。これを分割線の位置で繰り返し、最後に一番下と上にも梁を入力します。
※シェルの断面が多角形の場合は、梁を分割して入力します。

 

 

 


カーテンウォールのカスタムパネルの作成方法

0

1

■組み立て要素(スラブや壁等)で作成する方法

①平面図で、スラブツール等を用いてパネル(窓)を作成します。

2

※枠サイズが調整できないため、カーテンウォールにはめ込むパネルサイズで作成します。

※吊元等の表現はモルフツール(ポリゴン)で入力します。

 

②作成したスラブを選択し、「ファイル」→「ライブラリとオブジェクト」→「選択内容に名前を付けて保存」→「カーテンウォールパネル」を選択し、名称を付けて埋め込みオブジェクトとして保存します。

3

4

3.カーテンウォールを作成し、3Dの状態でカーテンウォールを選択し、「編集ボタン」をクリックします。

5

4.変更したいパネルを選択し、「部材タイプ:カスタムパネル」を選択すると、オリジナルで作成したパネルに変更されます。

6

※複数種類パネルを作成している場合は、パネルを選択した状態で、「右クリック」→「選択したパネルの設定を選択」し、パネルを変更します。

8

9

■ライブラリを使って作成する方法

①壁に窓を配置して、窓だけを選択し、「デザイン」→「選択内容をモルフに変換」を選択し、窓以外の壁を削除します。

10

②3Dを表示し、モルフに変換された窓を選択、窓の側面で「左ボタン長押し」で「ペットパレット:自由回転」を選択し、水平方向(平面図に姿図が表示された状態)になるように回転します。

11

12

平面図に姿図が表示された状態

③平面図で、回転したモルフを選択し、「ファイル」→「ライブラリとオブジェクト」→「選択内容に名前を付けて保存」→「カーテンウォールパネル」を選択し、名称を付けて埋め込みオブジェクトとして保存します。

13