Archive Author for Yoshida Kinji

「高度寸法ツール」の実務的な使い方

0

たとえば、計画敷地と隣接敷地に段差がある場合、配置図などで高度(レベル)表示の書き込みはどのように行うのがよいのでしょうか。建築確認申請の斜線制限の検討や計算などにも関係するので、当然、3Dモデルや断面図とも整合させた上で、隣地境界上や道路境界上にも判り易く表示したいところです。

Read more


等高線から地形を作成する③

0

大きい地形から一部の地形を取り出す方法は?

前回の等高線から地形を作成する②は、大きい地形から目的エリアを取り出す方法として、矩形選択ツールを使いましたが、今回は、他の取り出し方を紹介します。せっかく作った複雑な地形も、取り出し方によっては、全く使えない場合もありますので、注意が必要です。なお、前回同様、水色枠が最終的に取り出したい地形範囲とします。

Read more


等高線から地形を作成する②

1

外周部の輪郭が不自然でない地形画像をつくるには?

メッシュツールで地形をつくる際、外周部の輪郭形状は、外周辺の隣り合うメッシュポイントの端点どうしを直線的に結んでしまうので、実際の起伏とは異なる不自然な地形になってしまいます。地形の起伏した様子を、もっと自然に表現した輪郭形状が、つくれないでしょうか。

Read more


等高線から地形を作成する①

1

外周付近がへんな形になってしまった場合の調整方法は?

等高線をもとに、メッシュツールで地形をつくるというノウハウは方々で紹介されています。しかし、等高線に高さを入力しただけでは、なかなか思った通りの形状になりません。3Dモデルを見てみると、メッシュの外周部やその近辺が、実体と違った不都合な形状になってしまうことがあり、高さの調整が必要となります。今回は、その調整について述べます。

Read more