Archive Author for Ogawa Yuka

[断面形状のカスタム形状変更]を利用して、厚みに可変性のある複合の壁を作ってみよう

0

ARCHICAD 22の新機能[断面形状のカスタム形状変更]は、複合構造の各層の壁厚を可変させることが可能です。複合構造の壁で実施設計を進めていくと、同じ材質の組み合わせの壁でもいろいろなバリエーションが必要になります。今までは各層の厚みが変われば、新たに複合構造を作成し、別の名前での登録が必要でした。これを[断面形状]の編集の中でパラメトリックエッジを定義することにより、1つの登録で形状変更することが可能になり、作業効率が大幅に改善されました。

では、下記の複合構造の壁「壁:PB12.5(LGS45)」を使って厚みの変更が可能な壁を作成してみましょう。(ARCHICAD22テンプレートで登録されているものです)

まず、図面内に配置した 「壁:PB12.5(LGS45)」 を選択した状態で

[オプション]>[断面形状]>[断面形状マネージャー] ダイアログボックスを開きます。

[取得]ボタンをクリックすると断面形状を編集するためのタブが作成され、作業ウィンドウが切り替わります。

[保存]ボタンをクリックし、「壁:PB12.5(LGS45)(形状変更)」と名前を付けます。

 [形状変更]パネルの③をクリックし[新しい断面形状の形状変更]ダイアログで

「仕上厚A」という名前を付けます。

[形状変更]パネルの[オフセットの寸法を追加]ボタンをクリックします。

⑤オフセットする辺をクリックします。

⑥カーソルをドラッグします。

(形状変更のパラメータ名が表示されますので、その寸法線をドラッグします)

⑦基準となる位置のポイントまでカーソルをドラッグし、クリックして円を表示させます。

⑧寸法の起点と方向が表示されますので記号を配置したい位置でクリックします。

反対側の仕上も同様に③から⑧の操作を行い「仕上厚B」を作成します。

躯体のLGSの寸法は、「公称幅」の値(全厚)が変化すると「幅ストレッチ」の指定範囲によりこの部分の厚みだけが変化します。これで3層の壁厚全てが変更可能な状態になります。最後に [保存] し [適用] をクリックします。

では、実際に厚みを変更してみましょう。

登録した断面形状の壁を選択し [選択した壁の設定] ダイアログを表示します。

[断面形状のオフセット形状変更] パネルの中に「仕上厚A」「仕上厚B」が登録され、厚みの数値が入力可能になっています。厚みを「ゼロ」とすることも可能ですので片面仕上げのパターンも可能です。


[表現の上書きセット]を使って仕上げのバリエーションを作成する方法

0

ビュー登録時に[表現の上書きセット]を利用すれば、1つのモデルを使って様々な図面やパースを表現することが可能です。

「木製建具」「収納扉」「フローリング」の3つの要素の仕上げを変化させて3種類のカラーパターンのインテリアパースを作成してみましょう。

作成するには次の4つの過程が必要になります。

1.  材質を変化させたい要素を分類する。                  →[分類マネージャー]

2.  1.で分類した要素の材質を変化させるルールを作る →[表現の上書きルール]

3.  2.で作成したルールーをまとめてセットにする。     →[表現の上書きセット]

4.  3.のセットを登録する。                                       →[ビュー登録]

 

1.[分類マネージャー]

[オプション]>[分類マネージャー]の[分類マネージャー]ダイアログボックスを使用します。

①[新規作成]から[新規分類システム]を選択し「カラーセレクト」と名前をつけ作成します。

②作成した「カラーセレクト」を右クリックし[ブランチの新規分類]を選択し、[ID]に「木製建具」「収納扉」「フローリング」とそれぞれ入力し作成します。

作成した分類をモデルの要素に割り当てます。

各要素の設定ダイアログボックスで[分類とプロパティ]の「カラーセレクト」にチェックを入れ登録した分類を選択します。

2.[表現の上書きルール]

[ドキュメント]>[表現の上書き]>[表現の上書きルール]の[表現の上書きルール]ダイアログボックスを使用します。

①[新規作成]をクリックし「*フローリングをダークカラーに」と名前をつけルールを作成します。②③

④作成したルールを選択状態にします。

①[追加]をクリックし[分類]>「カラーセレクト」を追加します。②③

④[ブランチに含まれる]条件の値に「フローリング」を選択します。[要素タイプ]の条件は「全てのタイプ」とします。

⑤[上書きスタイル]パレットの[材質]にチェックを入れ材質を選択します。

同様にして9パターンの[表現の上書きルール]を作成します。

(新規作成時に[ルールを複製]にチェックを入れると作業が短縮できます)

3.[表現の上書きセット]

[ドキュメント]>[表現の上書き]>[表現の上書きセット]の[表現の上書きセット]ダイアログボックスを使用します。

①[新規作成]をクリックして、「カラーセレクト_ダーク」という名前をつけセットを作成します。

②作成したセットを選択状態にして[追加]をクリックし登録されている[表現の上書きルール]の一覧から適用させたいルールを選択します。(上から順番に適用されます)

同様にして3種類の[表現の上書きセット]を作成します。

4.[ビュー登録]

3Dウィンドウにモデルを表示し登録するパースアングルを決定します。

①クイックオプションバーの[表現の上書きセット]は「カラーセレクト_ダーク」を選択します。

②3Dウィンドウのタブを右クリックして[ビューとして保存]を選択します。③

同様に3種類の[表現の上書きセット]を切り替えてビューを登録します。

[ビュー設定]ダイアログボックスの設定は次のようになります。

ビュー登録した3種類のパースは、ナビゲーターの[ビュー一覧]に保存されます。


間接照明(建築化照明)のためのライン照明器具の作り方

0

室内のレンダリングに照明を入れると、リアルなレンダリングが可能です。

断面形状で作成したライン照明に「材質発光」を利用して、間接照明(建築化照明)を表現する方法をお教えします。

D-1

使用する照明器具の断面形状を断面形状マネージャーを使って作成します。

ここでは標準的なP社のLEDライン照明の形状を簡易な形で作成してみます。

[オプション]>[属性設定]>[断面形状マネージャ]を選択し、

新規ボタンをクリックし、名前「間接照明」と登録します。

D-2

「塗りつぶしツール」を使って照明器具の断面形状を

照明(発光部分)と器具(台座)に分けて作図します。

D-3

照明部分を選択し「材質上書き」にチェックを入れ「ガラス-ランプ」を選択します。

(※「ガラス-ランプ」は材質の設定で発光するようにあらかじめ登録されています)

その他の器具部分は「プラスチック-光沢」を選択します。

D-4

使用項目「梁」を選択して保存します。

D-5

梁ツールで断面形状「間接照明」を選択し、配置高さを設定後、平面図に実際の長さを入力し配置します。

D-6

ンダリングを実行します。

D-7

[オプション]>[属性設定]>[材質]を開き「ガラス-ランプ」の材質設定を表示し

発光の明るさの数値を変更して明るさを調整します。

(※CineRenderエンジンが搭載されていないSoloでは設定できません)

D-8


木造の平面詳細図、一般図の作成時の注意点

0

壁内の柱輪郭ラインの表示をさせるには?

壁内に存在する木造の柱は、RC造のように壁や梁と包絡して接続することはありませんので少し注意が必要です。

A-01

平面詳細図(1/50程度)の図面を作成する時は壁を複合構造で作成し、壁内に柱、間柱を柱ツールで配置します。

A-02

ビルディングマテリアルの「交差の優先度」を見ると、柱と間柱(BM-65 木材・軸組材)が断熱材(BM-31 断熱材-グラスウール)より強いことがわかります。

これにより干渉する部分の勝ち負けが決定され、柱と間柱の隙間部分に断熱材が充填されているような表現が可能になります。

 

A-03

 

この図面を元にした一般図(1/100)へのビュー登録時に柱の輪郭が表示出来なくて困られたことはありませんか?

A-04

 

これは[表現の上書きセット]で「白抜き平面用」を選択して1/100平面図の壁を表現する時のルールの中で、複合構造の壁の分離線が「なし」になるのと同時に、柱と壁(断熱材)の包絡部分の分離線も非表示になってしまうことから起こります。

 

A-05

ではどうすればよいのでしょうか。

壁と柱の干渉部分を交差させずに独立させておけば良いのです。

交差はレイヤーの同じ番号のグループ内でしかおこりません。デフォルトでは全てのレイヤーが「グループ 1」ですのでビルディングマテリアルの優先度に従って相互に交差(接続)されます。これを回避するためには異なるレイヤーの[交差グループ番号]を与えます。そうすれば柱と壁(断熱)との干渉部分に接続がおこらないため分離線が発生せず柱は独立して表示されることが可能になります。

A-06

 

 

このようにビュー登録する図面によって交差させたい時とさせたくない時がある場合は、レイヤーセット内の[交差グループ番号]を切り替えて作っておくと様々な図面表現が可能になります。


メッシュツールを使って簡単な石垣を作る方法

0

敷地を作成する時は自由に高低差を変更出来るメッシュツールを使います。道路と高低差のある石垣も少し手を加えると作ることが可能です。

C-01

 

まずポリラインで敷地境界線、石垣ライン(傾め部分とフラット部分の境界線も)を書いておきます。

C-02

 

次に敷地(地面)を作ります。メッシュツールを選択し、(スペースキを押しながら)マジックワンドで境界線の内側をクリックします。

 

C-03

 

次に「石垣(フラット)」「石垣(斜め)」部分の設定ではモデルの中の材質上書きボタンをクリックして、

石垣-25」を選択します。

メッシュ高さを変更して、同様にマジックワンドを利用して敷地外周の石垣を2つのパーツに分けて作成して下さい。

(このモデルの石の大きさは、[オプション]>[属性設定]>[材質]>「石垣-25」のテクスチャの画像サイズを300→1200に変更して使用しています。)

 

C-04

「石垣(斜め)」部分のメッシュを選択して、右上のポイントをクリックしてペットパレットを出し、「メッシュポイントを高度変更」に合わせて、メッシュポイントの高さを「-600」と入力します。同様に道路境界線上の全てのポイントを1つずつクリックして高さを変更します。

C-05

次に車庫部分の切込みを行います。まず、参照線で切込み部分の下書きラインを作ります。

(画面上下左右の参照線マークをクリックしてドラッグします)

C-06

 

切込みたいメッシュ要素を全て選択してから、辺をクリックしペットパレットを出します。

「ポリゴンから削除」を選択し車庫切込み範囲を矩形で囲みます。

C-07

 

あとはスラブツールで車庫の床スラブを作成したり、壁ツールでコンクリート擁壁を作成していきます。

C-08


リノベーションフィルタを使って数案あるプランを切り替える方法

0

改修図面を作成する時に便利なリノベーションフィルタですが、A案、B案、、、と何案もある時や、変更時に変更前のプランを残しておきたい時にプランの切り替えを簡単に行うことが可能です。

[ウインドウ]>[パレット]>[リノベーションパレット]を表示します。

リノベーションフィルターオプションを表示して「05計画」を複製しA案、B案、とフィルターを追加します。

B-01

 

A案の要素を選択して[リノベーションフィルター]で「A案」を選択し[現在のリノベーションフィルタのみ表示]ボタンをクリックします。(この時に必要なら「Ctrl+C」でA案をコピーしておきます)

B-02

 

次に[リノベーションフィルター]を「B案」に切り替えB案を作成します。

(「Ctrl+V」でA案を貼り付けてからB案へ修正しても良いです)

B-03

 

ビュー登録の設定で[リノベーションフィルタ]を切り替えればそれぞれの図面を各案に対応して作成することが可能です。

B-04