Archive Author for Ikeda Masanobu

平面図の「切断面レベル」で見え方が変わる天板

0

切断面高さで表示、非表示を切り替えたい家具の天板等の場合にはポリゴン壁を平らな形状で利用します。→表示フロアー、平面図表示、表示順序の各パラメーターにより見え方を調整します。造作家具等の天板のように、平面図切断レベルに応じて平面表示を変えたい場合があります。この場合には、どのレベルでも同じ表示となり同時に「平面図表示」が実線、点線等に自動的に変更されないスラブは適しません。そこで、壁、特に自由な形状ならばポリゴン壁を利用してパラメーターを工夫して作成します。 Read more


複数階にある要素の面積や体積を簡単に算出する

0

3Dウィンドウで目的の要素を選択し、選択を平面図に反映してからリストを表示します柱や梁等の躯体ボリュームを一度に算出するには、平面図で選択してから、リストを開きますが、複数階に渡る要素を一度に出したい場合には、3Dウィンドウでそれらを選択してから、一度選択した要素を「選択を平面図に反映」コマンドで平面を表示し、リストを表示することで、複数階の要素情報をまとめて出すことが可能です。 Read more


躯体図(施工図)における効率的な梁符号の入力の仕方

0

入力されている梁(躯体)には、一度梁ツールにより「ラベルを表示」させてからラベルツールを用いて、梁記号を入力します。「梁ID」は構造設計が終わった段階で決まりますが、それを施工図段階で、梁記号として図面内に表示する必要があります。その場合に、意匠図に「梁ID」が入っていない場合には、梁ツールで「梁ID」を表示させた後に、「ラベルツール」で編集します。梁(躯体)記号の編集は「ラベルツール」により行うことに注意が必要です。梁の配置レベルを上階からのレベルにするには配置フロアーを作図している階の上階にします。表示フロアは「関連フロア全て」のままです。 Read more


躯体図(施工図)における効率的なスラブ符号の入力の仕方

0

入力されているスラブ(躯体)には、一度スラブツールにより「ラベルを表示」させてからラベルツールを用いて、スラブ記号を編集します。「見上図」として表現するにはスラブの配置階を変更します。通常、意匠設計図では表示されていない、スラブ符号をラベルツールにより、表示させます。見上げ図を作成するにはスラブの「配置階」を「見上図を作成している階」に設定すると、平面図は見上げ図の表現になりますが、間違いを防止するために、意匠設計図とは分けてモデルを管理する必要が出てきます。 Read more


躯体図(施工図)における効率的な柱、壁符号の入力の仕方

0

入力されている柱、壁(躯体)には、一度柱ツールや壁ツールにより「ラベルを表示」させてからラベルツールを用いて、柱記号、壁記号を入力します。「柱ID、壁ID」は構造設計が終わった段階で決まりますが、それを施工図段階で、躯体記号として図面内に表示する必要があります。その場合に、通常は意匠図に「躯体ID」が入っていないので、柱や壁ツールで「躯体ID」を表示させた後に、「ラベルツール」で編集します。(躯体)記号の調整は「ラベルツール」により行うことに注意が必要です。 Read more


コンクリート躯体の増打ち(フカシ)の表現方法 (その3 梁、スラブ編)

0

スラブは、壁同様に複合構造で作成し、梁は断面形状マネージャを使います。梁の構造体の位置は寸法情報と同様に2Dツールで表現します。スラブは複合構造で作成しますが、細かな断面の包絡が生成されない場合には「ソリッド編集」により断面を整えます。梁は側面と梁底のフカシは「断面形状マネージャ」によりフカシの属性で表現し、上部の増打ち(フカシ)には、スラブとの包絡を考慮して梁本体と同じ躯体の属性を使います。それぞれの情報ボックスで、「構造体設定を適用」により、表現を統一します。 Read more


コンクリート躯体の増打ち(フカシ)の表現方法 (その2  柱編)

0

柱のフカシを作成する場合には、最も簡単な「柱のラップ機能」を使いますが、作成されるフカシ部分はArchiCADの独特なクセがあることに注意して作成します。柱のラップは、複合構造の壁に配置すると自動的に壁の外側の複合構造を受け継ぎます。但し、若干のクセがあり、それを踏まえて作成していきます。 Read more


コンクリート躯体の増打ち(フカシ)の表現方法 (その1 壁編)

0

塗りつぶし属性を新たに設定し、分離線表現を変えると同時に、壁の複合構造や柱のラップ、断面形状マネージャを表現目的に応じて使い分けます。コンクリートの増打ち部分(いわゆるフカシ)の表現方法として、構造体部分の塗りつぶし属性を、複製(塗りつぶしパターンは変えず)して管理し易い名称で作成します。それを使って増打ち(フカシ)のある複合構造を作成します。同時に、層間の分離線を破線表現にして増打ち表現とします。ただし、断面図等において、壁や柱や梁の包絡がされない場合には、部分的に修正が必要な場合があります。 Read more


ArchiCADを図書発行のプラットフォームとして利用する(PDFによる間接法)

0

ArchiCADで作成した図書以外でも、個別詳細図やワークシートに読み込みそれをレイアウトしてArchiCADから印刷機能を利用してまとめて出力します。作法087の直接法に対して、一度「個別詳細図」や「個別ワークシート」の2Dフィールドに図面ツール(ArchiCADSoloにはありません)で読み込み、そのままの縮尺でレイアウトに張り付けたり、縮尺を変えて張り付けたりします。直接法よりも、内容の管理がし易く、縮尺も簡単に変更可能です。ただし、この場合の縮尺はあくまで読み込み元のPDFの縮尺が元になることに注意する必要があります。  Read more


ArchiCADを図書発行のプラットフォームとして利用する(PDFによる直接法)

0

ArchiCADで作成した図書以外でも、PDFデータとしてArchiCADデータと共にArchiCADからまとめて出力すると、ドキュメント管理が楽になります。図書を発行する場合に、書類や図面毎に印刷するソフトを個別に起動して印刷するのは手間と時間がかかります。そこで、ArchiCADの印刷機能を利用して一度に全ての図書を発行する方法として、ArchiCAD以外の書類をPDFで取り込みます。その場合に、図面のようなものは、縮尺を正確にする為に用紙サイズを統一してインポートします。 Read more