• このエントリーをはてなブックマークに追加

選択を平面に反映(VIPツール)

選択を平面に反映(VIPツール

 

大きいプロジェクトになると、3Dまたは立断面図で見たときの要素が平面図で見るとどこなのか分からなくなったり、探すのが面倒になったりすることがあると思います。

そんな時にこちらを使うととても便利です。

3Dウィンドウで任意の窓を選択します。

selection_to_floor_plan_001

編集>選択を平面に反映(VIPツールをインストールすると表示されます。)

selection_to_floor_plan_002

 

すると、表示が平面図に切り換わり、先程3Dウィンドウで選択した窓が平面図で選択されています。

selection_to_floor_plan_003

こちらは断面図・立面図からでも使用できます。

任意のオブジェクトを選択し、編集>選択を平面に反映を実行します。

selection_to_floor_plan_005

 

断面図で選択したオブジェクトが平面図上で選択されています。

selection_to_floor_plan_005

 

コメントへの回答にはお時間を頂く場合がございますが、ご了承ください