• このエントリーをはてなブックマークに追加

Rhino-ArchiCAD 18 コネクション

Rhinoceros 5.0用のプラグインとArchiCAD 18用のアドオンを利用することで、Rhinoceros 5.0で作成したモデルをエクスポートし、ArchiCADにARCHICAD GDLオブジェクトとしてインポートすることができます。

このコネクションは形状情報のみをインポートでき、また ArchiCAD 上でオブジェクト属性とエッジスムージングの調整を行うことが可能です。

<準備>

Graphisoftホームページからプラグインをダウンロード・インストールして下さい。

Graphisoft ホームページ

 

<Rhino-ArchiCAD 18 コネクション概要>

インポートには2種類の方法があります。

・GSMとしてインポート

・LCFとしてインポート

 

**GSM インポート**

小さい単一オブジェクトまたは比較的小さなオブジェクトグループの場合に使用します。

1つのオブジェクトで構成されているため、矩形選択で3D表示したい場合も矩形内のみでなく全てを計算し3D表示します。そのため大きく複雑なモデルを1つのGSMオブジェクトではなく、LCFオブジェクトにしていただくことをお奨めいたします。

-手順-
1. Rhino 上で、モデルまたは選択した部品を 1 つまたは複数の GSM 形式ファイル ( オブジェクト ) として保存します。
2. ArchiCAD 上で、オブジェクトを埋め込みライブラリに追加し、ArchiCAD18 プロジェクトに配置します。

 

**LCF インポート**

大きなグループのオブジェクトを参照モデルとしてインポートする場合に使用します。

複数のオブジェクト(gsm)で構成されているため、矩形選択で3D表示したい場合、矩形に含まれる個別のオブジェクトのみを計算して3D表示します。LCF observerを利用して、配置されているLCFが変更されたことを確認・更新できます。

-手順-
1. Rhino 上で、モデルまたは選択した部品を LCF 形式ファイル ( ライブラリコンテナ ファイル ) として保存します。1 つの LCF には複数の GSM オブジェクトファイルが含まれています。
2. ArchiCAD 上で、LCF ファイルをリンクライブラリとして追加します。
3. LCF Observer を利用して、LCF ファイルから全てのオブジェクトを配置します。必要に応じて、任意に配置されたLCFオブジェクトを更新します。

 

詳しい説明が記載されているガイドもGraphisoftホームページから取得することができます。

Graphisoft ホームページ