• このエントリーをはてなブックマークに追加

建具表示の詳細レベル設定を活用してみましょう

ArchiCAD18バージョンでは建具表示の詳細レベルが3通りあります。

 

 

2015-03-27_16h39_08

そして表示を設定する方法も3通りあります。

まずは建具の設定ウィンドウを開き、カスタム設定>平面設定>「詳細」を確認します。

  • MVOに依存
  • スケール対応
  • 個別

それでは順にみていきましょう。

 

・MVOに依存

ArchiCAD18から突然「MVO」をいう略称が登場して戸惑った方もいらっしゃるかもしれません。

MVOとはModel View Option=モデル表示オプションの略称になります。

 

以前はスケールに連動して表示を切り替える、またはスケールと切り離して個別に設定、のどちらかでしたが、ArchiCAD18からはモデル表示オプションで設定してビューに保存ということができるようになりました。

 

ドアの設定ウィンドウを開き、カスタム設定>平面設定>詳細のドロップダウンリストから「MVOに依存」を選択した場合は、建具の設定はモデル表示オプションでの設定に依存します。

2015-03-23_10h21_39

ではモデル表示オプションを開いてみましょう。ドキュメント>モデル表示>モデル表示オプションをクリックします。

2015-03-23_10h22_38

ドア/窓の詳細レベル(ArchiCAD 18 JPNライブラリ)を開くと、そこにはドア/窓の表示オプションという項目があり、ここでドア/窓表示の詳細レベルが設定できます。

【詳細レベル:高】

2015-03-23_10h23_24

【詳細レベル:中】

2015-03-23_10h23_39

【詳細レベル:低】

2015-03-23_10h23_58

 

・スケールに対応

次に「スケール対応」に設定した場合、建具/ドアの詳細レベルがスケール設定と連動します。こちらはArchiCAD17までと同じ機能です。

2015-03-23_10h21_39

 

1:50

2015-03-23_10h25_05

1:100

2015-03-23_10h24_43

1:200

2015-03-23_10h25_42

 

 

・個別

最後に「個別」に設定した場合、他の何とも連動せず現在配置しようとしている、または選択してるドアの詳細レベルがこちらで設定できます。こちらもArchiCAD17で「スケールに連動」設定を外した場合と同じ動きです。

2015-03-23_10h21_39

 

2015-03-23_10h27_06

機能の増えた建具詳細レベル設定をぜひご活用ください!