• このエントリーをはてなブックマークに追加

シェルツールを利用して双曲放物面を作成してみましょう

シェルツールを利用して双曲放物面を作成してみましょう。2015-03-13_14h08_22

 

まずは今回矩形の4点のうち1点のみ高度のある放物面を作成してみます。

放物面の端点位置をとれるよう補助オブジェクトとして壁を配置します。

もっとも低い高度を壁下端の端点で、最も高い高度を壁上端の端点で取れるような

高さの壁を配置してください。

シェルツールを選択し、情報ボックスを以下のように設定します。

2015-03-13_13h58_18

まずは左側の壁の面をクリックします。

2015-03-13_13h58_26

 

先ほどクリックした面の1点目に下端端点をクリックし、2点目に対角線上の上端端点をダブルクリックします。

2015-03-13_13h58_42

次に向かい側の壁の面をクリックします。

2015-03-13_13h59_08

そして続けて右側の壁を利用して形状を引き続き作成していきます。

2015-03-13_14h00_32

4点目はダブルクリックします。

2015-03-13_14h01_07

 

するとこのようにクリックした点に沿って面が作成されます。

2015-03-13_14h01_44 2015-03-13_14h02_28 2015-03-13_14h05_48