• このエントリーをはてなブックマークに追加

BIMx Docsのギャラリーの作成方法

BIMx Docsのギャラリーの作成方法

BIMxではギャラリーの保存をBIMx上でおこない、閲覧が可能でしたが、BIMx Docでは保存方法が異なり、事前にArchiCAD上でギャラリーの登録をおこないます。ArchiCAD上で調整をすることにより、細かい部分の設定が可能に成りました。

BIMxとBIMx Docsの違い

 

BIMx BIMx Docs
ギャラリー(カメラアングル)の追加方法 BIMx上でアングルを確定し、F4 キーを押します。 ArchiCADの3Dウィンドウでアングルを確定し、ナビゲータの3D、パースの上で右クリックで”現在のビューを保存…”を選択し、ビューを保存。発行セットに追加します。
フライスルー(動画)の記録方法 1) 記録モードを有効にするには、SHIFT+R キーを押します。2) 記録を開始 / 終了するには、マウスの左ボタンをクリックします。3) クリップ記録モードを終了するには、SHIFT+R キーを押します。 ArchiCADのでカメラパスを作成し、ビューを保存。発行セットに追加します。※オプションでカメラアングルとしての保存も可能です。

ギャラリーの作成

ギャラリーの場合は、保存したい3Dビューを表示しナビゲータから、[現在のビューを保存]を選択します。

3D保存

発行セットの中に、保存したパースを取り込みます。

フライスルーの作成

フライスルーの場合は、カメラツールを利用してパスを作成してください。

カメラの位置

 

カメラパスの詳しい説明は、リファレンスガイドを御覧ください。

発行セットから追加されたカメラパスを選び「オプション」を選択。
ギャラリーオプションの「一つの動画をギャラリーのために作成」

注意:ArchiCAD 17 (製品番号4008)でカメラパスをオーガナイザから追加すると、ArchiCADがクラッシュしてしまいます。回避方法はこちらをお読み下さい
次回はHyper-modelの保存オプションを紹介します。

 

この記事で使用したサンプルモデルの.bimxファイルを以下からダウンロードして頂けます。

ダウンロード(HowtouseBIMxDocs.bimx) 9.9MB
Apple デバイス(iPad/iPhone)に転送してご利用ください。

BIMx Appのダウンロードはこちらです

Available on the App Store