• このエントリーをはてなブックマークに追加

ArchiCADで修正したモデルに、Artlantisでの変更内容を引き継ぐ方法

1.ArchiCADのランプの設定を確認

ArchiCADの光源をArtlantisに出力するために、レンダリングエンジンの設定を確認します。[ドキュメント]>[レンダリング]>[レンダリング設定]
「インターナル」にし、品質を「標準」、光源のランプにチェックを入れます。

rendering_setting

2. ArchiCADから「名前を付けて保存」
ArchiCADの3Dウィンドウをアクティブにします。
メニューの[ファイル]>名前を付けて保存します。
Artlantis Render Studio File(*.atl)を選択します。(例.File_01.atl)

save_as_artlantis

3. エクスポートオプションで選択
エクスポートオプションが表示され、出力したい項目にチェックを入れます。
エクスポートをクリックします。

artlantis_export_option

ArchiCADからArtlantisにエクスポートしたい項目やテクスチャチェックを入れます。

4. Artlantis 4起動
Artlantis Studio(Render)を起動します。
ArchiCADから出力したatlファイルを開きます。

open_atl_file

5. Artlantisで付加していき、保存
Artlantisにモデルが読み込まれます。
シェーダーや照明、オブジェクト等を追加し、ファイルを保存します。

editing_on_artlantis

6. ArchiCADでモデルの修正が行われた場合に反映する方法
モデルの修正が行われた場合、再度ArchiCADからatlファイルを出力します。 先ほど出力したファイルとは別名で保存します。

save_another_file

7. Artlantisでファイルを新しく保存されたファイルを開きます
Artlantisで新しく保存されたファイルを開きます。

open_new_file

8.「参照ファイルを使用」を選択します
[ファイル]>[参照ファイルを使用]から、作業していたファイルを選択します。 作業していたファイルから引き継ぎたい項目にチェックを入れます。

use_reference_file

ArchiCADの修正内容に、Artlantisの今までの変更が反映されます

update_with_archicad