• このエントリーをはてなブックマークに追加

IFCカスタムプロパティを設定してパラメータを追加する

オブジェクトツール以外の要素に任意の追加パラメータを持たせたい場合、「タグとカテゴリ」内にある

IFCプロパティに、新しくPset(プロパティセット)を追加することができます。新しく追加したIFCプロパティを利用して「検索と選択」での条件指定や「一覧表」で値を表示するなどの活用法をご紹介します。

IFCプロパティの追加

ゾーンツールへの追加を想定して、追加してみましょう。

 

  1.  ゾーンツールをダブルクリックし、設定ダイアログを表示します。zone_setting_dialog
  2.  既存のプロパティが表示されます。
    その下にある「プロパティ/分類を作成」ボタンを押して作成画面に移動します。properties
  3.  カスタムIFCプロパティとして下記を設定します。
    1. プロパティセット名
      複数のプロパティをまとめる項目名
    2. プロパティ名
      日本語でも良いですが、他アプリへの利用を想定すると英数文字で
    3. プロパティタイプ
      今回はプロパティに対して1つの値を設定するので、「Single Value」を選びます。
    4. 値タイプ
      文字列を入れるので、「Ifc Text」を選びます。IFC_property_setting
  4. プロパティを追加すると、右図のように新に登録したプロパティ名が表示されます。
    *プロパティ名の左側にあるは、削除したい場合にクリックします。エラーという意味ではありません。pset_x
  5.  設定画面右下の「OK」ボタンを押すと、ゾーンの設定ダイアログに表示が戻り、今設定したプロパティが追加されているので、値を入力します。property_added

 

 

設定したカスタムプロパティを既存のゾーン及び新規のゾーンに設定するには

  1.  「ファイル/ファイル特殊/IFC 2×3/IFCスキーム設定」を使って、プロジェクト全体に設定します。menu_IFC
  2.  「現在のプロジェクト設定を取得」ボタンを押し、追加登録したプロパティを読み込みます。
  3.  今回はゾーンに設定をしたので、左側のツリー表示されている部分の『Ifc Space』を選ぶと、ゾーンに設定したプロパティが右側に表示されます。
  4.  不要なものがあれば、プロパティの左側にあるを押して削除できます。IFC_scheme_setting
  5. 設定を確認したら右下の「適用」ボタンを押します。   適用ボタンを押さなければ、プロパティは追加されません。
  6. ゾーンツールの設定プロパティを開き、「タグとカテゴリ」内の「IFCプロパティ」をみると、まだカスタムプロパティは追加されていないように見えます。
  7. 「IFCプロパティを管理」ボタンを押します。zone_setting_IFC
  8. 管理画面で見ると、プロパティは追加されていますので、有効にするために、左側の□にチェックを入れ、「OK」ボタンを押します。check_property
  9. 元の設定ダイアログに戻ると、有効になったプロパティが利用できるようになっています。property_valid

カスタムプロパティを追加する時点でスキームに追加するには

 

プロパティを新規作成する際に、『新規項目をスキームに追加』にチェックをつけておけば、自動的にプロジェクト全体に有効になります。

custom_property_add

プロパティが追加される先は

  • 選択されたIFC要素タイプ
    (今回の場合は ゾーンツール のみです)
  • すべてのIFC要素タイプ
    すべてのツールで利用可能です。

別のプロジェクトファイルに適用したい場合

  1.  「IFCスキーム設定」を開き、「エクスポート」ボタンを押し、設定内容を外部ファイル(XML)に書き出します。IFC_scheme_exportexport_to_xml
  2.   設定をしたいファイルを開き、同様に「IFCスキーム設定」から、「結合」を選び、設定を保存したXMLファイルを開きます。connect_xml

検索と選択で条件としてプロパティを利用したい場合

 

  1.  「編集/検索と選択」を選びます。今回はゾーンツール内に設定されたプロパティを条件として利用します。
  2. 要素タイプを「ゾーン」に設定します。search_select
  3. 検索条件を追加する際に、『IFCプロパティを追加』を選択します。add_IFC_property
  4. 追加されたプロパティセットから、条件を入れるプロパティを選択します。
  5. 条件として、文字列の一部を選択する場合は『含む』を選びます。
  • 完全一致なら『等しい』
  • 指定した内容以外なら『異なる』
  • 文字列の文頭から指定したい場合は『開始する』
  • 文末から指定したい場合は『終了する』
    search_select_2

例:プロパティの値に”個別”という文字が含まれているものだけが選択されました。

property_search_result

 

一覧表に追加したプロパティの値を利用したい場合

 

  1.  一覧表設定から、「基準」として要素タイプを『ゾーン』を指定します。schedule_setting
  2.  一覧表の見出し項目をフィールドで指定します。
    『一般』から『ゾーン名』を追加して右側の「一覧表フィールド」に追加します。
  3. 「追加」ボタンを押し、『IFCプロパティを追加』を押します。add_IFC_property_03
  4. 追加したプロパティを選び、「フィールドとして追加」を選びます。add_IFC_property
  5. 設定ができた一覧表を表示させます。項目名は、任意に変更することができます。

result_list

result_list_2