• このエントリーをはてなブックマークに追加

外部2D、3Dデータでオブジェクト(GSMファイル)を作成する手順

平面シンボルの結合

  1. 3D DXF/DWGから変換された3D部品を開き、2Dスクリプトの一行目に

    project2 3,270,2

    を挿入。
    dxf_001_2D_capture

  2.  予め保存された平面2Dシンボルを開き、2Dスクリプトをコピー&ペーストでproject2 コマンドの下に挿入する。
  3.  合体させた2Dシンボルと3Dからの投影を確認しながら、回転と移動コマンドで(rot2, add2)重ね合わせるように調整する。
    2D_rotate
  4. 合わせたら、project2 コマンドを削除する。

前面と側面シンボルの結合

  1. 予め保存された前面2DシンボルGSMを開き、2Dコマンドを3Dコマンドに修正し、3D部品の3Dスクリプトに挿入する。
    2D_3D_capture
  2. 平面と同様に、合体させた2Dシンボルと3Dモデルを確認しながら、移動コマンドで(add)重ね合わせるように調整する。
  3. 円弧コマンドがある場合、MODEL WIREコマンドでワイヤフレーム表示が必要。
  4. 側面も上記の手順と同様で、結合させる。
    2D_connect

3Dと2Dシンボルの切替

  1. 1.調整後、シンボルを立面/断面に表示させるために、

    if GLOB_CONTEXT=4 then …

    2Dシンボルコマンド

     else

    元3Dモデルコマンド

    endif

    を追加する。
    hide_2D

  2. 前面の立面を表示する場合、あるいは側面表示時前面シンボルを隠すためにダミーの面を追加する。