• このエントリーをはてなブックマークに追加

参照線を用いて辺の長さから三角形を作成する方法

2D_guideline

三角形の各辺のみがわかっている場合に作成する方法はいくつかありますが、ArchiCADでは参照線を使用して作成できます。参照線を使用すると、補助線などで別途線を引く必要がありません。

  1. 線ツールを選択し、一度クリックして入力を開始します。次に、[Tab]キーを押して、「距離」の箇所で辺の長さを入力します。再度[Tab]をクリックすると、円弧が作成されます2D_guideline_step1
  2. Escをクリックしても、参照線は表示されたままなので、反対側の参照線も同様に作成します。2D_guideline_step2
  3. 円弧の交点が三角点の点になるので、そこから線を入力して三角形を作成します。2D_guideline_finish