• このエントリーをはてなブックマークに追加

☝ デザインメニュー__断面図設定:フロア高度線の編集と通り芯の表示選択

各断面図によって図面表現を調整する場合

1.  断面図のウインドウ上で右クリックをし、コンテキストメニューを表示します。 その中から【断面図設定…】を選択します。

section_setting_001

2. 下図【選択した断面図の設定】画面が開かれます。その中のフロア高度パネルを開きます。ここではフロア高度線を編集してみましょう。

①まずは線種を変更してみましょうデフォルトの通り芯という線種から 例えばJW点線1という線種に変更してみました。
②次に線のカラーを変更します。ここでは赤色のペン番号20を選択しました。
③次にフロア高度表示を両端にチェックマークを入れ中央の線の表示もオンとするため、同じくチェックマークを入れます。
*合計3か所です。フロア高度線の編集は一旦ここまでとします。

section_setting_002

3.  次に各断面図での通り芯の表示非表示を編集します。まずは通り芯ツールパネルを開きます。次に通り芯要素を名前別に表示より選択のラジオボタンをオンにしてその右側の選択…ボタンをクリックします。

 

4.  3の次に【通り芯を選択】設定画面が表示されますのでそのリスト内で表示したい通り芯番号のみチェックマークを入れて表示する設定とします。*ここでは ①から⑦の間の④と⑥のみチェックマークを外しています。右下のOKボタンをクリックした後、【選択した断面図の設定】画面の右下OKボタンをクリックします。
section_setting_003

図面Aは前述までの作業を行う前の断面図です。各階のフロア高度線の表示は無く、また通り芯は全て表示されています。

図面Bは前述までの作業を行った後の断面図です。各階にフロア高度線が表示され、また通り芯はこの断面図に必要とされる通り芯のみが表示されました。
このようにして各断面図を図面表現として必要とされる内容に編集してみてはいかがでしょうか。

section_setting_004