• このエントリーをはてなブックマークに追加

断面形状マネージャを利用して壁の断面を変更してみましょう

断面形状マネージャを利用して壁の断面を変更してみましょう

屋上部の壁をパラペット形状に変更してみましょう。

形を変更したい壁を全て選択します。

use_profile_for_wall_001

 

右クリック>選択要素の断面形状を取得を選択して、断面形状マネージャを開きます。

use_profile_for_wall_002

 

壁の断面部分全体を選択し、頂点を追加します。

use_profile_for_wall_003

 

新しく追加した頂点と、既存の頂点間の辺をオフセットします。

use_profile_for_wall_004

 

下図のように頂点を下に移動します。

use_profile_for_wall_005

変更したい形状が完成したら、「選択に適用」を押します。

すると、モデルにその形状が適用されます。

use_profile_for_wall_006

壁をパラペットの形状に変更することができました。

use_profile_for_wall_007

 

 

断面形状マネージャを閉じようとすると、「断面形状変更を保存」ウィンドウが開きます。

今後もその形状を使用するために保存しておきたい場合は「保存」

この形状に関しては、今回のみの場合は「保存しない」を選択してください。

※「保存」を選択した場合は、断面形状マネージャウィンドウ>「断面形状を選択」の一覧に追加されます。

use_profile_for_wall_008