• このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単な枠付きドア部品の作成方法

難しいGDL言語を使わず、簡単にドアはスラブで、枠は壁で作成しますが、元となる作成モデル配置高さに注意し、出来上がった部品の修正で比較的完成度の高い建具が出来ます。建具部品の作製基準面を基準平面としますが、高さを調整して建具の壁から出ている部分は基準平面以下に飛び出させます。枠は「断面形状マネージャ」で作成し、一旦出来上がった部品の2D表示は訂正して、開き勝手や建具の表現完成度を高くします。

PDF