• このエントリーをはてなブックマークに追加

壁の内外部に配置したオブジェクトの位置関係を簡単にチェックする

壁をワイヤフレーム表示して、展開図や立面図、3Dウィンドウ等で相対関係をチェックします。名付けて、ワイヤフレームチェック法です。詳細図や施工図等で、壁の内部にある間柱やスタッド類の下地等を入力した際に、壁に配置してある建具等や壁表面に配置した設備プレート類は、壁の表示をワイヤフレーム表示とすることで、簡単に相対関係をチェックできます。ただし、展開図では必ず「再構築」コマンドで描画しなおすことが必要です。これは、床や天井にも応用可能です。