• このエントリーをはてなブックマークに追加

同時に複数の部屋の仕上げを変更、比較出来る仕上げ表の作り方

新しい「要素一覧表」を作成することで、デフォルトの内部仕上表に代わる扱いやすい便利なツールを自作出来ます。「要素一覧表の作成」は要領が分かると、要素の情報を目的に応じて自分のフォーマットで作成出来ます。内部仕上げ表も「一覧性」と「同時に複数情報の変更」等が出来、最終的にレイアウトシートに持って行くと、リアルタイムに連動する内部仕上げ表となります。