• このエントリーをはてなブックマークに追加

参照線の改良 -ArchiCAD 15-

参照線定義の簡易化

入力中に参照線が自動的に表示されるため、その場で選択して作業を続けることができます。

  • 辺上の参照線:参照線の「ハンドル」をクリックして有効にします。
平面図参照線
  • 任意の点の参照線:任意の点ステータスで、マウスボタンを押したままにして参照線を表示します。参照線を選択して、作業を続行します。
平面図参照線2平面図参照線3

参照線のドラッグまたは削除

  • 参照線をクリック&ドラッグして、より便利な場所に移動します(あるいは、座標情報を使用してその新しい場所を数値で定義します)。
平面図参照線4
  • 参照線での作業が完了したら、カーソルをその制御点に移動してEscキーを押します。

参照線フィードバックの改善

  • 自動的に表示される黄色のハイライトにより、主方向を知らせます(参照線に平行または垂直な入力など)。
  • X軸およびY軸上の自動フィードバックは、正しい方向を保つのに役立ち、3Dパースビューでは特に便利です。

平面図参照線5平面図参照線6 3Dウィンドウでの参照線

  • 新しい3D編集平面では参照線が表示されます。
  • 3D 参照線は、周囲を移動したり「隠れた」位置で終了した場合でも表示されたままで、そのステータスポイントを使用できます。
  • 遠近感を表すために、参照線の線種は遠ざかるにつれて変化します。
平面図参照線7

参照線設定の簡略化参照線を作業中に選択するようになり、作業環境での参照線設定の項目は4つのみになりました(以前は13項目)。