• このエントリーをはてなブックマークに追加

ゾーンを利用した簡単な部位別数量表の作成

一覧表ツールにより、新たに「組み立て要素」(ゾーンを中心として)のリストを作成します。(参照:建具表で表示する内容を選択する)ArchiCADでは入力しているそれぞれの要素には、様々なBIM情報が入っており、意外と気が付かない情報がります。ゾーン要素にも床、巾木、壁、天井等の数量やそれを取り出すことが可能な情報があります。リストのパラメーターの追加を利用して隠れた情報を引き出し、概算見積等の数量に利用出来る様にします。