• このエントリーをはてなブックマークに追加

コンクリート躯体の増打ち(フカシ)の表現方法 (その3 梁、スラブ編)

スラブは、壁同様に複合構造で作成し、梁は断面形状マネージャを使います。梁の構造体の位置は寸法情報と同様に2Dツールで表現します。スラブは複合構造で作成しますが、細かな断面の包絡が生成されない場合には「ソリッド編集」により断面を整えます。梁は側面と梁底のフカシは「断面形状マネージャ」によりフカシの属性で表現し、上部の増打ち(フカシ)には、スラブとの包絡を考慮して梁本体と同じ躯体の属性を使います。それぞれの情報ボックスで、「構造体設定を適用」により、表現を統一します。