立断面で使えるオブジェクトの作成

※オブジェクト登録の流れについては他の記事も参照ください。
<参考記事 – ヘルプセンター>
3D要素をライブラリ部品として保存
http://goo.gl/4rxKGT

◆使用データの準備
1.メーカーサイトより3Dデータ(DXF)と平面で使用する2Dデータ(DXF)をダウンロードしておく。
2.3DデータはGDLオブジェクトとしてインポートし2Dデータは通常の結合でArchiCADへ取り込む。

続きを読む








Rhino-ArchiCAD 18 コネクション

Rhinoceros 5.0用のプラグインとArchiCAD 18用のアドオンを利用することで、Rhinoceros 5.0で作成したモデルをエクスポートし、ArchiCADにARCHICAD GDLオブジェクトとしてインポートすることができます。

このコネクションは形状情報のみをインポートでき、また ArchiCAD 上でオブジェクト属性とエッジスムージングの調整を行うことが可能です。

続きを読む