テクスチャーについて(目地) Tips

今回は、ArchiCADと連動して、テクスチャー(目地)について考えたいと思います。

目地をどういれるかは、モデリングで対応するか、テクスチャーで作るか、考えるところですが、今回は、あえてテクスチャーでやってみます。

Artlantisを仕上げ(レンダリング)としてではなく、デザイン検討用に使う意味でも、面白い使い方だと思います。

続きを読む




IFCファイルを利用して他のソフトと連携してみましょう(1)

IFCファイルに出力すれば、他の様々なソフトと連携を行うことができます。

今回はIFCファイルでの連携を上手に行うためにとても重要な「エクスポートする派生モデルデータ」設定についてご紹介したいと思います。

ArchiCADにはデフォルトで数種類のIFC変換設定が含まれています。

続きを読む


モルフについて(面を作る)

今年からArtlantisだけでなく、モルフについても語ってみようと思っています。

モルフは、ArchiCAD16から追加されたツールですが、使いこなされている方はあまり多くないと思います。

この記事を読んでいただいて、みなさんの手助けになればいいなぁと思います。

 

さっそくですが、テーマは、「面を作る」です。

続きを読む